皆さんは「GTアジアシリーズ」というレースをご存じだろうか? スーパーカーを所有する、いわゆる“ジェントルマンドライバー”が腕を競うFIA公認のレースで、近年は各チームがヨーロッパなどで活躍するプロドライバーを招聘(しょうへい)するなど、大いに盛り上がりを見せている。

そんなGTアジアシリーズについて、ベントレー・モーターズ・ジャパンから「富士スピードウェイで行われる第8戦を観戦に来ないか」というお誘いを受けた。同シリーズにはベントレーの競技車両「コンチネンタルGT3」が参戦しており、昨シーズンには同車を走らせるベントレー・チームアブソルートが年間タイトルを獲得しているのだ。

アジアで注目を集めるスーパーカーによるレースの様子と、日本ではちょっと珍しいベントレーのGT3車両の姿を、写真で紹介する。

(webCG)