「ジャパン・ロータスデー2011」(後編)

2011.11.02 画像・写真

2011年10月29日、静岡県小山町の富士スピードウェイで「ジャパン・ロータスデー2011」が開催された。これはロータスの輸入元であるLCI(エルシーアイ)が企画・実施するロータス愛好家のための公式イベントで、2009年9月に第1回が開かれた。

初回にもかかわらず700台ものロータスが集まる盛況ぶりで、昨年10月に2回目の開催が予定されていたが、台風の影響により中止。今年4月に仕切り直しされたものの、今度は東日本大震災により中止を余儀なくされた。そして今回、「三度目の正直」としてようやく2回目の開催に至ったわけである。まだ白い冠のない富士山をくっきりと望む、絶好のイベント日和に恵まれた会場には、全国から約550台の新旧ロータスが集合。初回よりは少なかったものの、インポーターやショップの展示車両と合わせて、およそ600台の新旧ロータスがパドックを埋めた。

「走り」のブランドであるロータス、そして会場がサーキットとなれば、イベントのプログラムは当然ながらサーキットランが中心。タイム計測付きのスポーツ走行をはじめ、体験走行、ワンメイクレース「ロータスカップ」の特別戦、F1を含むヒストリックマシンのデモラン、そしてラストのパレードランに至るまで、メインコースには一日中エグゾーストノートがとどろいた。その会場から、印象的なマシンを中心に紹介しよう。
(文と写真=沼田 亨)(前編はこちら)

あなたにおすすめの記事
新着記事