マクラーレン・オートモーティブ・アジアは2016年8月5日、幕張メッセで開催されているヘリテージカーイベント「オートモビル カウンシル2016」(開催期間:2016年8月5日~8月7日)で、新型スポーツカー「マクラーレン570GT」を日本初披露した。車両本体価格は2752万7000円から。(関連ニュース)

570GTは、マクラーレンのモデル戦略上では「スポーツシリーズ」と呼ばれるベーシックなモデルラインに属し、「570Sクーペ」と「540Cクーペ」に続く第3のモデルとなる。同社がこれまで発表してきた中で最も実用性に優れており、長距離の移動や週末の旅行などの用途を想定しているという。(webCG)

関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • マクラーレン、「720S」をジャパンプレミア 2017.3.8 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブは2017年3月8日、東京・港区のマクラーレン東京ショールームで、第2世代のマクラーレン・スーパーシリーズの「720S」を発表した。車両価格は3338万3000円からで、デリバリーは2017年7月に始まる予定。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その15) 2017.3.10 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型スポーツカー「720S」を世界初公開した。その姿を画像で紹介する。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る