「ホンダNSX」に用意されるグレードは1種類のみだが、セミアニリンレザーの電動調整機構付きシートや、全5色の有償ボディーカラー、カーボンファイバーの内外装パーツ、カーボンセラミックブレーキなど、さまざまなオプションが用意されている。

ここで紹介している車両には、以下のオプションが採用されている。
・ボディーカラー「バレンシアレッド・パール」
・カーボンファイバー エンジンカバー
・カーボンファイバー リアデッキリッドスポイラー
・カーボンファイバー インテリアスポーツパッケージ
・カーボンセラミックローター レッドキャリパー
・電動4ウェイパワーシート セミアニリンレザー/アルカンターラ

→新型「ホンダNSX」の関連ニュースはこちら
→新型「ホンダNSX」のより詳しい写真はこちら(その1)
→新型「ホンダNSX」のより詳しい写真はこちら(その3)
→関連記事「新型『ホンダNSX』発表会の会場から」

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • 第3回:“人車一体”が味わえる!
    「CTSセダン」街乗りインプレッション
    2017.3.3 特集 キャデラックのセダンと聞いて、皆さんはどんな走りのクルマをイメージするだろうか? 今回は、webCG編集部のスタッフが、ミッドサイズセダン「CTS」に初めて試乗。その印象を報告する。
ホームへ戻る