ホンダNSX(その2)

「ホンダNSX」に用意されるグレードは1種類のみだが、セミアニリンレザーの電動調整機構付きシートや、全5色の有償ボディーカラー、カーボンファイバーの内外装パーツ、カーボンセラミックブレーキなど、さまざまなオプションが用意されている。

ここで紹介している車両には、以下のオプションが採用されている。
・ボディーカラー「バレンシアレッド・パール」
・カーボンファイバー エンジンカバー
・カーボンファイバー リアデッキリッドスポイラー
・カーボンファイバー インテリアスポーツパッケージ
・カーボンセラミックローター レッドキャリパー
・電動4ウェイパワーシート セミアニリンレザー/アルカンターラ

→新型「ホンダNSX」の関連ニュースはこちら
→新型「ホンダNSX」のより詳しい写真はこちら(その1)
→新型「ホンダNSX」のより詳しい写真はこちら(その3)
→関連記事「新型『ホンダNSX』発表会の会場から」

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 【トミカNo.43】ホンダNSX 2017.8.10 トミカ大写真展 11年のときを経て復活を遂げた「ホンダNSX」。パワープラントには3.5リッターV6ターボエンジンと3基の駆動用モーターからなる「スポーツハイブリッドSH-AWD」が採用されており、左右前輪を個別に制御することで、卓越した運動性能を実現している。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • 【トミカプレミアムNo.21】ホンダNSXタイプR 2017.8.9 トミカ大写真展 高出力のV6エンジンをミドシップレイアウトで搭載する高性能スポーツカーとして、1990年に登場した「ホンダNSX」。アルミモノコックボディーがもたらす高い運動性能と、過去に例のないドライバー中心の車両設計は、世界中のスーパーカーに影響をもたらした。
ホームへ戻る