ホンダ ツイン カム クラブ創立35周年記念走行会

2011.10.27 画像・写真

2011年10月23日、千葉県袖ケ浦市にある袖ケ浦フォレスト・レースウェイで「ホンダ ツイン カム クラブ創立35周年記念走行会」が開かれた。「ホンダ ツイン カム クラブ」(HTCC)は、日本が世界に誇るスポーツカーである「ホンダSシリーズ」(S500/600/800)のワンメイククラブとして、1976年に発足。現存する日本車のワンメイククラブとしては、「日野コンテッサクラブ」、「トヨタスポーツ800オーナーズクラブ」、「SP/SRオーナーズクラブ」などと並ぶ、その道の草分け的存在である。クラブの目的は「Sシリーズ」を動態保存するための会員相互の情報交換および親睦(しんぼく)で、具体的にはミーティング、ツーリング、ウェブサイトからの情報発信、ヒストリックカーイベントやレースへの参加や展示、パーツの安定供給を図るための活動などを行っているという。そのHTCCでは設立以来、5年ごとに節目となるイベントを開催してきた。サーキット走行あり、パーティーありと毎回趣向を変えてきたが、そもそも走り好きが集まったクラブだけに、今回は走行会を選択した。当日はクラブ員以外のビジターも含めて、ホンダSのN(ナンバー付き)クラスが13台、R(レーシング)クラスが17台の30台と、S以外のゲスト車両14台の計44台が参加。走行開始時間には朝方から降っていた雨は上がったものの、コースはあいにくのウエットコンディション。しかし、水しぶきをあげながら走るクラブ員の表情はみな楽しそうで、進行役からは「おかげでジェントルな走りになり、アクシデントもなく無事に終了した」という声も。走行会の後に開かれたランチパーティーには、かつて環境庁長官や法務大臣を歴任したサーキットオーナーの中村正三郎氏や、『CAR GRAPHIC』名誉編集長の小林彰太郎氏も顔を見せ、祝辞を述べた。走行会といえどもタイム計測は行わず、和気あいあいとした雰囲気だったサーキットから、印象に残ったマシンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事