2016年10月1日、2日の2日間、静岡県熱海市の長浜海浜公園をメイン会場として、恒例となったクラシックカーイベント「熱海HISTORICA G.P.」が開かれた。5回目となる今回は、これまで初日のみだった、長浜海浜公園の芝生広場における車両展示を2日間にわたって実施。プログラムは、200台以上が集まった車両展示のほか、初日に実施される熱海市内のショートツーリング、そして2日目の早朝に行われる、近隣の山の斜面に作られたアカオハーブ&ローズガーデン内の特設コースにおけるヒルクライムである。今回、あいにく初日の午前中は、5回目にして初の降雨に見舞われた。そのため例年より客足が鈍かったが、昼過ぎにはどうにか雨も上がり、多くの来場者でにぎわういつも通りの光景となった。そんな会場から、リポーターの印象に残った車両とシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)