「ルノースポール・ジャンボリー2011」(前編)

2011.10.21 画像・写真

2011年10月16日、静岡県小山町の富士スピードウェイで「ルノースポール・ジャンボリー2011」が開かれた。今回が3回目となる「ルノースポール・ジャンボリー」は、サーキットを舞台としたルノージャポン主催のファン感謝イベントである。昨年に続いて、1970年代から90年代にかけてルノーを駆ってラリー、レース双方で大活躍し、97年の現役引退後はルノーの「名誉広報部長」を務めるジャン・ラニョッティ、そして「ワールドシリーズ・バイ・ルノー」のショータイムで活躍するドライバー3名をスペシャルゲストに迎え、参加者ともども走り主体のプログラムを楽しむという趣向だ。あいにく当日は、西日本から東海地方にかけての広い地域が低気圧の影響による大荒れの天候で、朝方には富士スピードウェイのある静岡県には大雨警報(注意報ではなく)まで発令される始末。実際、ゲートオープンの午前8時から9時過ぎにかけて、会場はゲリラ豪雨のような猛烈な降りに襲われた。その場にいた誰もが「中止」を覚悟したと思うが、サーキットプログラムが始まる10時前後には小康状態となり、昼前にはほぼ上がった。おかげでプログラムはすべて予定通り消化し、訪れた200台近いルノーのオーナーやファンと、彼らの期待に応えるゲストドライバーの心意気が一体となって、荒天にもかかわらず熱い一日となった。その会場から、印象的なシーンとマシンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)
(後編につづく)

あなたにおすすめの記事
新着記事