グローバルMX-5カップ・エキシビションレース

2016.11.15 画像・写真

米国カリフォルニア州のマツダレースウェイ・ラグナセカで2016年9月10日から9月11日まで、「グローバルMX-5カップ・エキシビションレース」が開催された。グローバルMX-5カップとは、「マツダMX-5」(日本名:マツダ・ロードスター)をベースとした統一仕様の車両で競うワンメイクレース。世界統一ルールの下、世界一のMX-5レーサーを決するレースプログラムである。今回開催されたのは、その“プレ世界一決定戦”ともいえる「エキシビションレース」で、アメリカから10人、ヨーロッパ地域から5人、オーストラリアから2人、日本から2人の、合計19人が参加した。なお、このイベントは「Mazda Road to Indy」と名付けられており、MX-5カップカーのほかに、インディ・ライツ、IMSAプロトタイプ・ライツ、プロマツダ、USF2000(いずれもマツダエンジン搭載車)も集まり、その合計は82台に上った。まさにグローバル規模のマツダレースファミリーがここに集結という構図となった。(関連記事はこちら)(文=webCG/写真=佐藤靖彦)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
ホームへ戻る