米国カリフォルニア州のマツダレースウェイ・ラグナセカで2016年9月10日から9月11日まで、「グローバルMX-5カップ・エキシビションレース」が開催された。グローバルMX-5カップとは、「マツダMX-5」(日本名:マツダ・ロードスター)をベースとした統一仕様の車両で競うワンメイクレース。世界統一ルールの下、世界一のMX-5レーサーを決するレースプログラムである。今回開催されたのは、その“プレ世界一決定戦”ともいえる「エキシビションレース」で、アメリカから10人、ヨーロッパ地域から5人、オーストラリアから2人、日本から2人の、合計19人が参加した。なお、このイベントは「Mazda Road to Indy」と名付けられており、MX-5カップカーのほかに、インディ・ライツ、IMSAプロトタイプ・ライツ、プロマツダ、USF2000(いずれもマツダエンジン搭載車)も集まり、その合計は82台に上った。まさにグローバル規模のマツダレースファミリーがここに集結という構図となった。(関連記事はこちら)(文=webCG/写真=佐藤靖彦)

関連記事
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る