グローバルMX-5カップ・エキシビションレース

米国カリフォルニア州のマツダレースウェイ・ラグナセカで2016年9月10日から9月11日まで、「グローバルMX-5カップ・エキシビションレース」が開催された。グローバルMX-5カップとは、「マツダMX-5」(日本名:マツダ・ロードスター)をベースとした統一仕様の車両で競うワンメイクレース。世界統一ルールの下、世界一のMX-5レーサーを決するレースプログラムである。今回開催されたのは、その“プレ世界一決定戦”ともいえる「エキシビションレース」で、アメリカから10人、ヨーロッパ地域から5人、オーストラリアから2人、日本から2人の、合計19人が参加した。なお、このイベントは「Mazda Road to Indy」と名付けられており、MX-5カップカーのほかに、インディ・ライツ、IMSAプロトタイプ・ライツ、プロマツダ、USF2000(いずれもマツダエンジン搭載車)も集まり、その合計は82台に上った。まさにグローバル規模のマツダレースファミリーがここに集結という構図となった。(関連記事はこちら)(文=webCG/写真=佐藤靖彦)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRS(FR/6MT)【試乗記】 2015.11.18 試乗記 マツダのライトウェイトオープン2シーター「ロードスター」に、より走りを追求した上級グレード「RS」が登場。ビルシュタイン製ダンパーやフロントサスタワーバーなどでチューニングされたその“アシ”の実力を、ワインディングロードで試した。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る