ポルシェ911 RSR

独ポルシェは2016年11月16日(現地時間)、ロサンゼルスオートショーでレーシングカー「911 RSR」を発表した。

同車はアメリカのIMSAウェザーテック選手権や、ルマン24時間レースを含めたFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦する予定で、エンジン搭載位置がリアからミドシップに変更されている。エンジンは510psの4リッター水平対向6気筒エンジンで、ギアボックスは6段のシーケンシャルギアタイプ。デビュー戦は2017年1月のデイトナ24時間レースを予定している。

全長:4557mm(スプリッター、リアウイング、ディフューザーを除く)、全幅:2042mm(フロントアクスル)/2048mm(リアアクスル)、ホイールベース:2516mm、車両重量:1243kg。(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ、700psの「911 GT2 RS」を発表 2017.7.3 自動車ニュース 独ポルシェはイギリスで開催されたモータースポーツイベント、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2017(開催期間:2017年6月30日~7月2日)で「911」の高性能モデル「911 GT2 RS」を発表した。
  • ポルシェ911 GT2 RS/911ターボSエクスクルーシブシリーズ 2017.7.3 画像・写真 独ポルシェはイギリスで開催されたモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」(開催期間:2017年6月30日~7月2日)で「911 GT2 RS」を発表した。その姿を画像で紹介する。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る