「GLM G4」発表会の会場から

京都に本社を置くベンチャー、GLMが、2019年に量産開始予定の電動スーパーカー「GLM G4」を日本初公開した。車体の前後に2基のモーターを搭載しており、最高出力は540ps(400kW)、最大トルクは1000Nmを発生。駆動方式は4WDで、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は250km/hとアナウンスされている。また、4座の車内空間と上方に開口する4枚のドア「アビームセイルドア」も同車の特徴となっている。想定価格は4000万円。日本に加え、欧州や香港、中東、中国でも販売が予定されている。(関連ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「GLM G4」発表会の会場から 2017.4.18 画像・写真 京都に本社を置くベンチャー、GLMが、2019年に量産開始予定の電気自動車「GLM G4」を日本初公開! 想定価格は4000万円という電動スーパーカーの姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • メルセデスAMG GT R 2017.6.27 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本が「メルセデスAMG GT R」を発売した。ニュルブルクリンク24時間耐久レースやSUPER GTなどに投入されるカスタマーレーシングモデル「AMG GT3」の技術が注ぎ込まれた“公道走行も可能なレーシングカー”だ。その姿を写真で紹介する。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
ホームへ戻る