富士トリコローレ2011(後編)

2011.09.21 画像・写真

2011年9月11日、山梨県富士吉田市の「富士Calm」で「富士トリコローレ2011」が開かれた。愛知県にある「チンクエチェント博物館」が主催するこのイベントは、イタリア車ならば年式やメイクを問わず参加OKというもので、昨年は初回にもかかわらず270台が集まったという。快晴ならば正面に富士山を望む広大な芝生広場に愛車を展示し、参加者は思い思いに一日を過ごすという「まったり系」のミーティングだが、そのすばらしいロケーションが評判を呼び、今回は昨年より200台近くも多い460台ものエントリーがあった。新旧イタリア車で埋め尽くされた会場から、リポーターの印象に残ったクルマを紹介しよう。なお、11月27日には、神戸市立森林植物園でこのイベントの関西版「関西トリコローレ2011」が開かれるという。詳しくは公式サイト(http://museo500.com/tricolore_k)まで。
(文と写真=沼田 亨)(→前編はこちら)

あなたにおすすめの記事
新着記事