スズキ・エスクード1.4ターボ

スズキがコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」を追加。日本では今回が初導入となる1.4リッター直噴ターボエンジンは、最高出力136ps、最大トルク210Nmというパワフルさに加え、レギュラーガソリンに対応する経済性も持ち合わせている。また専用デザインのメッキグリルや赤いアクセントを聞かせたインテリアなど、1.6リッターモデルとは一線を画すスタイリングも特徴となっている。(写真=向後一宏)

◆関連ニュース:「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • 「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場 2017.7.26 自動車ニュース 「スズキ・エスクード」に1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。ターボエンジンならではのトルクフルな走りに加え、メッキグリルや赤いアクセントが施されたインテリアなど、スポーティーな意匠も特徴となっている。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
ホームへ戻る