「ルノー カングージャンボリー2018」の会場から

2018.05.15 画像・写真

2018年5月14日に、「ルノー・カングー」の世界最大のファンミーティングである「ルノー カングージャンボリー」が、山中湖交流プラザ「きらら」にて開催された。

今年で第10回を迎えた同イベントには、全国各地から1373台のカングーが集結。その他のルノー車とルノー以外の車両を含めた総来場台数は、1921台にものぼった。意外にもルノーユーザー以外の人も多く来場しているのが興味深いが、それだけ気軽に参加しやすいイベントということなのだろう。全体の参加者は2017年を上回る4317人となった。2018年の最大のトピックは、イベントの10周年に加え、カングー誕生20周年の記念すべき年であること。そのため、スペシャルゲストとして、ルノー本社よりカングー・プロジェクトを統括する最高責任者であるフィリップ・カイエットさんが来日。日本のカングーファンたちとの交流が行われた。

ステージでは、毎年恒例となっている特別仕様車の発表が行われ、今年は人気の限定車シリーズ「クルール」の最新作が発表された。また、アニバーサリーイヤーを記念した歴代カングーの展示やアーティストの安田レイさんによるミニライブなども実施された。例年同様に大いに盛り上がり、参加者それぞれが、カングーとともにのんびりと休日のひと時を楽しんだ、会場の様子をリポートする。(文と写真=大音安弘)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN/N-VAN +STYLE COOL/N-VAN G【試乗記】 2018.8.2 試乗記 ホンダの新たな軽商用車「N-VAN」に試乗。先進の運転支援システムや助手席側ピラーレス構造、画期的なシートレイアウトといった、既存のライバルとは一線を画す魅力を備えてデビューした、“次世代の働くクルマ”の出来栄えをリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る