2011年5月18日〜20日、神奈川県のパシフィコ横浜で、恒例となった日本最大の自動車技術展「人とクルマのテクノロジー展2011」が開かれた。自動車メーカーをはじめ、部品メーカー、材料メーカー、計測・解析機器メーカーなどが最新の自動車技術を展示するこの技術展。今回は東日本大震災の影響でやむなく出展を辞退したところもあったそうだが、出展者数は昨年を上回る370社(昨年365社)を数え、パシフィコ横浜の展示ホール全館を埋める規模の開催となった。展示の傾向としては、言うまでもなく環境関連技術が中心だが、中でもリポーターの印象に残った展示を紹介しよう。(文と写真=沼田亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事