クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ 試乗記・新型情報

トヨタ 試乗記 トヨタ ニュース トヨタ 画像・写真
  • 2018.8.17 デイリーコラム

    何でいまさらカムバック?
    最新SUVに見るホンダとトヨタの販売戦略

    一度は日本市場から姿を消したSUV、「ホンダCR-V」と「トヨタRAV4」が相次いで“復活”する。なぜ、このタイミングでのカムバックとなったのか? 発売を前にその背景について考察する。

  • 2018.8.16 mobileCG

    谷口信輝の新車試乗――トヨタ・クラウン2.5 G(後編)

    最新型「トヨタ・クラウン」の乗り味を“水”に例えた谷口信輝。では、高級セダンのセリングポイントとなる居住空間や快適装備についてはどんな印象を抱いたのだろうか。率直な感想を聞いてみた。

  • 2018.8.15 試乗記

    トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】

    歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。

  • 2018.8.15 デイリーコラム

    圧倒的な地位を築いた孤高の商用車
    「トヨタ・ハイエース」が愛される理由

    2017年にデビュー50周年を迎えた「トヨタ・ハイエース」。新車販売台数の多さに加えて、中古買い取り価格の高さや盗難台数の多さなど、ライバル車と比べて圧倒的な人気となっているのはなぜなのか? 自動車ライター渡辺陽一郎が解説する。

  • 2018.8.13 試乗記

    2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】

    TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。

  • 2018.8.10 デイリーコラム

    日本が生んだ孤高のサルーン
    新型「センチュリー」はここがすごい!

    2018年7月、3代目となる新型「トヨタ・センチュリー」の車両説明会が開かれた。脈々と作られてきた国内専用ショーファードリブンカーの、ほかの高級車では得がたい魅力とは何か? 試乗した印象も含めてリポートする。

  • 2018.8.9 mobileCG

    谷口信輝の新車試乗――トヨタ・クラウン2.5 G(前編)

    「さらなる走りの進化」をうたう15代目「トヨタ・クラウン」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。長年にわたり販売されてきた高級セダンの最新型を、第一線で活躍するプロはどのように評価する?

  • 2018.8.6 自動車ニュース

    プレミアム感を高めた特別な「ハイエース」登場

    トヨタ自動車は2018年8月6日、「ハイエース」および「レジアスエース」の特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME II”」と、ハイエースの誕生50周年を記念した特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」を発売した。

  • 2018.8.4 画像・写真

    「オートモビル カウンシル2018」の会場から(トヨタ その2)

    「オートモビル カウンシル2018」の会場より、1960年代における日本の自動車技術と、モータースポーツの隆盛を象徴するクルマである、「トヨタ2000GTスピードトライアル車」と「トヨタ7」の詳細な姿を、写真で紹介する。

  • 2018.8.4 画像・写真

    「オートモビル カウンシル2018」の会場から(トヨタ その1)

    「オートモビル カウンシル2018」の会場より、トヨタの出展ブースの様子を、「トヨペット・コロナ」や「パブリカスポーツ」、1964年の東京オリンピックで聖火を運んだ「日産セドリック」などの展示車両とともに写真で紹介する。

  • 2018.8.3 自動車ニュース

    【オートモビル カウンシル2018】トヨタの展示はメーカーの垣根を越えた内容に

    トヨタ自動車が「オートモビル カウンシル2018」の出展ブースでプレスカンファレンスを実施。トヨタ博物館館長の布垣直昭氏が、トヨタ以外の展示車両やポスター等を展示した、出展内容に込めた思いを語った。

  • 2018.8.2 自動車ニュース

    「トヨタ・カローラ スポーツ」に6段MT仕様が登場

    「トヨタ・カローラ スポーツ」の1.2リッターターボ車(FF)に、6段MT仕様が登場。ドライバーのクラッチ、シフト操作にあわせて最適な回転数になるようエンジンを制御する「インテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)」が採用されている。

  • 2018.8.1 自動車ニュース

    トヨタ、「カムリ」に新グレード「WS」を設定

    トヨタ自動車は2018年8月1日、ハイブリッドセダン「カムリ」を一部改良するとともに、新グレード「WS」を設定し、販売を開始した。Worldwide&sportyのイニシャルを取ったWSについては、「エッジの利いたスポーティーなデザインとカムリ本来の上質感を両立させた」とうたわれている。

  • 2018.7.24 自動車ニュース

    【オートモビル カウンシル2018】トヨタは1960年代の名車を出展

    トヨタが「オートモビル カウンシル2018」の出展概要を発表。「元気!! ニッポン 1960s!」というテーマのもと、「2000GTスピードトライアル」や「トヨタ7」「パブリカスポーツ」など、さまざまなジャンルの名車を展示するとしている。

  • 2018.7.16 試乗記

    トヨタ・カローラ スポーツG/カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”【試乗記】

    「トヨタ・オーリス」がフルモデルチェンジを受け、日本では新型車「カローラ スポーツ」としてデビュー。最新の“つながる機能”を備えた、トヨタが世界で勝負するグローバルモデルの出来栄えは? 千葉の一般道で1.2リッターターボ車とハイブリッド車をテストした。

  • 2018.7.11 試乗記

    トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】

    先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?

  • 2018.7.6 自動車ニュース

    トヨタ、2019年のNASCARに「スープラ」で参戦

    トヨタがアメリカで人気の自動車レース、NASCARのエクスフィニティ・シリーズに「スープラ」で参戦すると発表。参戦予定の車両を公開した。現在の「カムリ」に代わるレースマシンとして、2019年シーズンよりレースに投入される。

  • 2018.7.2 試乗記

    トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】

    ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。

  • 2018.7.2 自動車ニュース

    「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場

    トヨタ自動車は2018年7月2日、「86」に「GRスポーツ」を設定し、販売を開始した。2017年秋に発表したスポーツカーシリーズ、GRのエントリーモデルとなるもので、“気軽にスポーツを楽しめる”モデルとなっている。

  • 2018.7.2 デイリーコラム

    その名はカローラ スポーツ!
    新型ハッチバックでトヨタは何を狙うのか?

    歴史ある「カローラ」の名を冠して登場した「トヨタ・カローラ スポーツ」とは、どんなクルマなのか? 海外では新型「オーリス」としても扱われるハッチバック車の、立ち位置や存在意義について考えた。

注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com