クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スズキ スペーシア 試乗記・最新情報

スズキを代表する「ワゴンR」よりも背を高くした車体設計で、室内の広さを特徴とする軽自動車。実質的な「パレット」後継車だが、商品イメージを刷新するために同車のフルモデルチェンジに合わせて車名を変更し、初代「スペーシア」が登場した。後席ドアはスライド式を採用する。2013年2月にデビューした後、2013年8月からは赤外線方式の衝突被害軽減ブレーキを設定。2015年5月(ターボ車は8月)のマイナーチェンジではバンパーなど外装のリフレッシュを施したほか、エネルギー回生システムを「エネチャージ」からモーター機能付き発電機を組み合わせた新システムの「S-エネチャージ」へ、衝突被害軽減ブレーキのシステムを複眼カメラ方式に改めて性能アップを果たしている。

スズキ スペーシア 試乗記 スズキ スペーシア ニュース スズキ スペーシア 画像・写真
スズキ スペーシアの記事を読んだユーザがよく見る車種の新型情報