webCG

キービジュアル キービジュアル
備えあれば憂いなし!フジトモ流 正しいスタッドレスの選び方 備えあれば憂いなし!フジトモ流 正しいスタッドレスの選び方

秋から冬へと季節が移り、今年も雪の知らせが聞こえてきた日本。雪道や凍結路を走行することの少ない、首都圏を含む都市部のドライバーは、どのような備えをすればいいのか?これからのタイヤチョイスについて、モータージャーナリスト藤島知子さんに聞いた。 秋から冬へと季節が移り、今年も雪の知らせが聞こえてきた日本。雪道や凍結路を走行することの少ない、首都圏を含む都市部のドライバーは、どのような備えをすればいいのか?これからのタイヤチョイスについて、モータージャーナリスト藤島知子さんに聞いた。

CHAPTER 1 雪でも氷でもアスファルトでも 雪でも氷でもアスファルトでも

「意外にもすごく静かで振動も少なかったんですよ!」

試乗を終えて帰ってきた藤島知子さんは、驚いたような表情を浮かべている。乗っていたのは、ブリヂストンの「BLIZZAK(ブリザック)VRX2」を装着した「アウディA1スポーツバック」。横浜みなとみらいの市街地や高速道路の湾岸線を走ってきたのだ。冬の訪れはまだ先のはずだが、スタッドレスタイヤをテストしたというのは、やはり、備えは早めにしておいたほうがいいということなのだろうか。

「スタッドレスタイヤは雪や氷の上で性能を発揮することが目的ですね。私は仕事柄、四輪駆動車のテストなどで雪上試乗をすることが多く、スタッドレスタイヤのありがたみは身に染みています。ただ、都会に住んでいる人は、いつも雪の上を走るわけではありません。冬の間も9割以上はドライやウエットのアスファルト路面で運転するわけですから、スタッドレスタイヤの意義を知らない人もいるかもしれません。実際、都内で雪が降った時に夏タイヤで無理やり坂道を上ろうとしている非常に危険なクルマを見たことがあります」

一定の期間は雪道ばかりを走ることになる北国はもちろんだが、実は雪の少ない首都圏でもスタッドレスタイヤは必要だ。気温が3℃以下になると路面が凍結することもある。急に気候が変化してからでは間に合わない。夏タイヤでは、出かけることすら不可能になってしまう。だから、冬が来る前にあらかじめスタッドレスタイヤに交換しておくのが安全運転の心得なのだ。雪に対する大切な備えなのだが、アスファルトの路面を多く走ることになるのも事実である。

「だからこそ、スタッドレスタイヤは氷雪路での性能と同じぐらいオンロードにおける性能も大切なんです。いざという時のためにスタッドレスタイヤを装着するけれど、雪が降らない時はガマンしなければならないというのが以前の常識でした。でも、ブリザックVRX2はオンロードでもしっかり走りますね。一昔前は、スタッドレスタイヤは腰砕けになるという印象がありましたが」

雪道での性能を確保するために、アスファルト路での走りはある程度犠牲にせざるを得なかったのだ。ハンドリングが悪かったり、ロードノイズが大きかったりするのは仕方がないことだとされていた。

  • サムネイル写真

    クルマの魅力を女性目線と走り好きの目線で日々リポートしている、モータージャーナリスト藤島知子さん。雪道を走るときや凍結の心配があるときには必ずスタッドレスタイヤ装着のクルマを運転するという藤島さんは、「毎日氷雪路を走るわけではない地域のドライバーも、いざという時の備えとして意識的にスタッドレスタイヤを装着することが重要」と語る。

  • サムネイル写真

    今回試したのは、ブリヂストンのスタッドレスタイヤ「ブリザックVRX2」。氷上でのブレーキ性能、摩耗ライフ、静粛性など、さまざまな冬道に効く優れた総合性能で知られる。

  • サムネイル写真

    非降雪地帯の都市部では、雪になじみがないために、突然の大雪に慌ててしまうことも。だからこそ、対策はしっかりとしておきたい。写真は東京における降雪の様子。

CHAPTER 2 驚きの安定性と静粛性 驚きの安定性と静粛性

ブリザックVRX2はマルチアングルグルーブと呼ばれる非対称のトレッドパターンを採用。ラグ溝(横溝)を増やすことで雪をつかみ氷をひっかく機能を強化し、氷雪上で力強いグリップを発揮する。しかもこのトレッドパターンは、ドライ路面でも走行時のパターンノイズ低減に役立つのだ。さらに、発泡ゴムに含まれるミクロの気泡と水路が持つ吸音機能が、車内の騒音軽減に貢献する。

「いつも試乗しているコースを走ったんですよ。特に路面が荒れているところがあって、夏タイヤでもロードノイズが響いてくるシチュエーションもあったりして。スタッドレスタイヤなので覚悟したんですが、音の伝わり方がマイルドで、耳障りなノイズとして感じにくかったですね」

氷雪路を主戦場とするタイヤが、街なかでも高い性能を発揮する。藤島さんは、静粛性に加えハンドリング性能にも感心したという。

「試乗車のA1スポーツバックはドイツのプレミアムコンパクトの中でもスポーティーなモデル。そのキャラクターにふさわしいハンドリングを見せてくれました。信頼性が試される高速道路では、真っすぐ走っている時の安定性がありましたね。余計な修正操作を求められないので、長い距離を走る時、これなら疲れにくいと思います。石畳の上では、凹凸をタイヤが包み込んで走っているような感覚。さまざまな路面と速度に対応していますね。滑らかさが快適性に結びついています」

その快適な走りを支えているのは、「非対称サイド形状」。ブリザックVRX2は、イン側とアウト側のサイド形状を変えることで、路面変化によるタイヤへの横方向の入力変動を抑制する。それによってふらつきを軽減し、高い直進安定性と応答性を実現しているのだ。街なかの走行で安心感を与える上に、不均一に積もった雪道や不規則に凍りついた凍結路面で効果を発揮してくれる。

  • サムネイル写真

    トレッド面の非対称パターンは、「ブリザックVRX2」の特徴のひとつ。剛性を高めたブロックが路面とタイヤの接地面積を最大化させ、優れたグリップ力を発揮する。

  • サムネイル写真

    オンロードでの走行でも、高速道路の安定性とコーナリング中のナチュラルさが印象的だったと語る藤島さん。この乗り味は「アウディA1スポーツバック」のようなスポーティーモデルにもふさわしいという。

  • サムネイル写真

    イン側とアウト側とでサイド形状が異なる「ブリザックVRX2」。その効果により、乾いた路面でも氷雪路でも走行中のふらつきが軽減され、高い直進安定性と応答性が得られる。

CHAPTER 3 冬に乗るなら雪への備えを 冬に乗るなら雪への備えを

「注意したいのは摩耗ですね。アスファルトの上でタイヤに負荷がかかりやすい状況で走り続けていたりすると、摩耗が進みやすくなります。ずっとアスファルト路を走っていて、いざ雪が降った時には性能が落ちてしまっているというのでは本末転倒です」

摩耗の原因となるのはタイヤの滑り。接地性が悪いと路面との摩擦が生じてしまうのだ。ブリザックVRX2はブロック剛性を高めてパターンの変形を抑えることによって摩耗を防いでいる。この効果によりVRX2はロングライフを実現しており、交換頻度が減るので経済的にもメリットがある。

「現在の技術では、あらゆる状況に対応するタイヤを作るのは困難ですが、スタッドレスタイヤで普段でも快適に走れて長持ちするのであれば、とても助かります」

タイヤ交換をするタイミングは迷うもの。スタッドレスタイヤを装着するのはいつごろがいいのだろうか。

「冬の訪れは年によってかなり差があります。天気予報も必ず当たるわけではなく、思いがけず早い時期に大雪が降ったりすることもありますよね。地域によっても違いますが、非降雪地帯にお住まいの方は11月中に交換しておけば安心でしょう。クルマを普段の移動手段にしている人は、突然の雪で仕事に行けなくなってしまうことにもなりかねません。事前に備えておくことが、自分自身の信頼性を守ることにつながります」

ウインタースポーツが好きな人は、いつでもスキー場に出かけられるように準備しておいたほうがいい。藤島さんは最近スキーをしていないというが、仕事で雪道を走ることがよくある。

「冬場には雪上試乗会や、雪道での撮影に出かけることがありますね。もちろんスタッドレスタイヤを装着していて、クルマとの車両との相性であるとか、以前と比べて性能が向上していることがわかります。冬用タイヤというと、オンロード主体である程度の雪道は走れるオールシーズンタイヤという選択肢もありますが、凍結路は走れません。やはりシャーベット路における滑りにくさや凍結路面での走行性能を求めるなら、スタッドレスタイヤが安心です」

ブリザックVRX2は、冬のどんな路面にも対応している。

  • サムネイル写真

    「ブリザックVRX2」は、ロングライフ性も特長のひとつ。従来モデル「VRX」と比べた場合、摩耗ライフは22%も向上している。
    (※詳しくはこちら https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/

  • サムネイル写真

    ロングドライブでは、タイヤの静粛性がパッセンジャーの快適性を左右する。「ブリザックVRX2」の特徴的なパターンは、氷雪路はもちろん、ドライ路面でも不快なノイズを低減させる。

  • サムネイル写真

    北海道・北東北の主要5都市におけるブリザックの装着率は45.7%に達する。これらの都市において、19年連続で「装着率NO.1のスタッドレスタイヤ」となっている。
    (※詳しくはこちら https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/

CHAPTER 4 北国での人気は圧倒的 北国での人気は圧倒的

ブリザックVRX2は、ブリザック史上最高の性能を誇るスタッドレスタイヤだ。「アクティブ発泡ゴム2」が、高いグリップ力を作り出している。ブリザックは1988年から発泡ゴムを採用していて、「アクティブ発泡ゴム2」はその究極の進化形。太い水路と気泡に親水性コーティングが施されており、水膜を積極的に除去する。驚異的な除水力で氷上でも高い接地性を得ているのだ。さらに摩擦力向上剤がポリマーと効果的に結合し、トレッドゴムが接地面で粘りを発揮する。

「私自身が雪道を運転していて危険な状況に陥ったことはないのですが、対向車線のクルマが目の前でハーフスピンするのに出くわしたことがあります。事故が起きれば社会的責任が生じますから、リスクを避けるためにもスタッドレスタイヤを装着するべきですね」

雪が降っていなくても、危険がないとは限らない。だから、氷上でグリップ力を発揮するタイヤを装着しておくことが重要だ。

「雪の降った何日か後に箱根のターンパイクなどに行くと、路肩に雪が残っていることがあります。路面はドライなんですが、流れてきた雪解け水が凍ってブラックアイスバーンになっていることがたまにあるんですよ。通行可能と書いてあっても、自然の中で何が起きているのかはわかりません。日が差さないところや橋の上など、凍結しやすい場所があります。凍結路面で滑ったら腕でカバーするのは無理。電子制御があってもタイヤのグリップを超えることはできませんから、信頼できるスタッドレスタイヤを装着するのが大事ですね」

ブリザックは北海道と北東北の主要5都市で19年連続装着率がNO.1。札幌市のタクシーは、7割以上がブリザックを装着している。
(※詳しくはこちら https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/

「雪国のタクシー運転手さんが選んでいるというのは頼もしいですね。お客さんを乗せるから、命を運んでいるという自覚があるはずです。信頼できるタイヤを選んでいるのでしょう」

プロの厳しい目で選ばれているのは、実績があるから。ブリザックVRX2は、氷雪路での実力が高く評価されている上に、アスファルト路でも快適に走れる。今から雪に備えることをためらう理由はないのだ。

(文=鈴木真人/写真=田村 弥)

  • サムネイル写真

    「ブリザックVRX2」の氷上性能を支える「アクティブ発泡ゴム2」の構造図。水路となる気泡の表面に親水性のコーティングを施すことで、路面とタイヤの間に生じる水膜を積極的に除去。トレッドゴムが氷路面にしっかりと接し、確実なグリップを実現する。

  • サムネイル写真

    大雪の後は、1週間以上も道路に影響が出ることがある。雪解け水によるアイスバーン(写真)はその一例。たとえ一部の凍結でも、スタッドレスタイヤの非装着車で走行すれば大きな事故につながりかねない。

  • サムネイル写真

    ブリザック史上最高の性能を誇る「VRX2」は、都会派のコンパクトハッチバック「アウディA1スポーツバック」にもぴったりとマッチする。