発火あり、緊急出動あり

ここに「The World of Top Gear」の展示車と番組内容の一部を解説しよう。

「TGV12スポーツトレイン」は、2011年に「カートレイン」というタイトルのもと放送されたときに使用されたものだ。「ジャガーXJSコンバーチブル」をベースに作り上げたレールカー、つまり鉄道走行用車両である。
脇にある解説によると、「鉄道旅行を安くすべく、クルマをベースに製作された画期的移動手段」とのこと。番組内では出演者のひとり、ジェレミー・クラークソンが運転した。

競うのは、同様に「アウディS8」を改造したレールカーで、こちらは別の出演者であるジェームズ・メイが運転する。いずれも、番組内では、客を乗せたトレーラーをけん引しながら、実際の線路上を高速で走った。途中アウディS8がけん引していたキャンピングカーの厨房(ちゅうぼう)から発火、という“アクシデント”にも見舞われる。

2007年に放送され、番組ファンの間では伝説となっている「リモ・チャレンジ」の回に登場したクルマも鎮座している。初代「フィアット・パンダ」と「MGF」を、やたら長いリムジンに改造してしまおうというものだ。

企画はそれだけにとどまらない。「VIPの乗るリムジンは、時に襲撃される危険性がある」との前提から、出演者たちはショーファー役とテロリスト役に分かれて、両車の緊急回避性能試験を実施する。ただし、ボディーを思いきりストレッチしてあるうえ、ベースがベースだけに思うようには逃げられず……というお話である。

展示車には含まれていないが、この「リモ・チャレンジ」では、3台目のクルマも登場した。「アルファ164」と「サーブ9000」をいずれも後部ドア直後でぶった切り、双方の頭だけつなぎ合わせたクルマだ。「サルファ・ロミアブ(Salfa Romeaab)」と名付けられている。
クルマ好きならご存じのとおり、2台は同じプラットフォーム上に造られたモデルである。だが、番組内でそれには一瞬しか触れず、代わりにアルファ164側の室内にはシスティーナ礼拝堂が、サーブ側の室内にはサウナしつらえてあることを強調して、お笑いをとる。

将来日本でも、『カーグラフィックTV』で、1980年代の姉妹車「日産サニー」と「日産ローレル スピリット」を真っ二つにしてつなぎ合わてほしいものである。

いっぽうプロペラ付きキャンピングカーは、2009年放送の「キャラバン飛行船」に使用されたものである。キャンピングカーを飛行船のゴンドラとして使用するもので、ジェームズ・メイが乗り込んだ。
コンセプトの発端は、「渋滞に巻き込まれることなく、キャンプ場に到着したい!」といういたって素朴なものだった。

実際にメイは、キャンピングカーの上部に飛行船を付けて飛び立つ。最初は上部の気球用バーナーでソーセージをあぶって食べるなど余裕をみせていたが、やがて風に流されて空港の飛行管制エリアに進入してしまい、警察のヘリまで出動する騒ぎとなる。

なお、これらのいずれの放送も、YouTubeの『Top Gear』オフィシャルサイトで楽しむことができる。

「ジャガーXJS」をベースにした「TGV12スポーツトレイン」。2011年放送の「カートレイン」の回で登場。
「ジャガーXJS」をベースにした「TGV12スポーツトレイン」。2011年放送の「カートレイン」の回で登場。 拡大
「TGV12スポーツトレイン」の前輪。
「TGV12スポーツトレイン」の前輪。 拡大
2007年放送「リモ・チャレンジ」のために造られた初代「フィアット・パンダ」のストレッチリムジン。
2007年放送「リモ・チャレンジ」のために造られた初代「フィアット・パンダ」のストレッチリムジン。 拡大
初代「フィアット・パンダ」のストレッチリムジン。“テロリスト”の襲撃には、あまりに長過ぎて緊急回避できず、四苦八苦する。
初代「フィアット・パンダ」のストレッチリムジン。“テロリスト”の襲撃には、あまりに長過ぎて緊急回避できず、四苦八苦する。 拡大
初代「フィアット・パンダ」とともにストレッチ仕様にされてしまった「MGF」。
初代「フィアット・パンダ」とともにストレッチ仕様にされてしまった「MGF」。 拡大
プロペラ付きキャンピングカーは2009年放送の「キャラバン飛行船」に登場したもの。実際に上部に飛行船を装着し飛行。飛行管制エリアに侵入してしまい、騒ぎとなる。
プロペラ付きキャンピングカーは2009年放送の「キャラバン飛行船」に登場したもの。実際に上部に飛行船を装着し飛行。飛行管制エリアに侵入してしまい、騒ぎとなる。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事