人の話はちゃんと聞こう

アクセルペダルの開度を一定に保ち、できるだけ加減速しないように走行する。急激にアクセルペダルを踏み込むのは御法度だ。ノートのECOモードには「スムース発進アシスト」機能が備わっており、アクセルペダルに対するスロットルの反応を自動的に緩やかにしてくれるのだが、念には念を入れてジワリと踏み込んでゆく。
前車との車間距離を十分にとり、さらにその先の交通状況を見きわめることも、無駄な加減速、つまり無駄な燃料の消費を抑えることにつながるのだ。

首都高速を抜け横浜新道、東名高速をノートはひた走る。いちばん左の車線をのんびりと、時速80km程度で巡航する。このようなペースで走っていると、メーター内の瞬間燃費計は30km/リッターを表示する。下り坂でアクセルを離していても30km/リッターの表示なので、それ以上の数値でも、表示は30km/リッター止まりなのだろう。
この数字よりできるだけ落とさないような走りが、省燃費走行の鍵になるようだ。

ノートは御殿場を過ぎ、新東名高速道路へと入る。ここまでの燃費値は22km/リッターを表示している。
出発直後、横浜市内で撮影するために数km走行した時点では10km/リッター台だったので、大幅に伸びてはいるが、市街地走行の影響でおそらく他の参加者よりは悪い数値になっているだろう。

しかし、ここから先が燃費の稼ぎ時だ。80km/h程度で走る大型トラックの後について、スリップストリームで空気抵抗を減らす作戦に出た。
もちろん、あんまり車間距離を詰めすぎると危険なので、適度に離れるのだが、それでもなんとなくアクセルが軽くなるような気がする。
到着締め切りの15時に到着することを考えながら速度の調整をしつつ、東名高速、伊勢湾岸道を経由して、名古屋高速へと入る。

1日目のチェックポイント、愛知機械工業熱田工場に到着したのは15時数分前だった。
ここで運営スタッフから燃費計のチェックを受ける。この数値が1日目の中間成績となるのだ。
メーターに表示されていた燃費値は25.5km/リッター。ノートの燃費値はJC08モードで24.0km/リッター(われわれが乗っている「X DIG-S」の数値)なので、それは上回っている。

熱田工場では、ノートに搭載されるスーパーチャージャー付き直噴1.2リッター直3エンジン「HR12DDR」の生産ラインを見学した。
その後、燃費順位の中間発表。この時点でのトップは『ENGINE』チームで、燃費値はなんと29.9km/リッター。しかも、燃費計の数値は30.0km/リッターで、到着締め切り時刻を1分オーバーしてしまい、その分差し引かれての29.9km/リッターだというのだ。
この時点で、優勝の夢ははるか遠くにかすんでしまった。

そしてもうひとつ、夢が遠くなる現実を突きつけられてしまったのだ。
到着締め切り時刻が15時ではなく、スタートしてから5時間30分後だというルールを知ったのである。てっきり、15時に到着すればそれでいいと思っていた。「早くスタートしたからのんびりでいいや」というのは間違いだったのだ。
やはり先生とミス・フェアレディの話はちゃんと聞くべきだ。

しかも、出発時刻をきちんと把握していなかったので、われわれがどれくらいの時間で名古屋までたどり着いたのかわからない。
順位の中間発表も、上位3チームとブービーチームに限られていたため、『webCG』チームのペナルティー加算後の燃費値がどれくらいなのか知ることはできない。
暗澹(あんたん)たる気持ちでホテルに戻り、暗澹たる気持ちで夕飯の名古屋名物手羽先を食べたのであった。

第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦の画像 拡大
ちなみに、エコチャレンジ中の写真からベストショットを「ミス・フェアレディ」が選ぶ、フォトコンテストも行われた。われわれも工夫を凝らして撮影したが、残念ながら選外。
ちなみに、エコチャレンジ中の写真からベストショットを「ミス・フェアレディ」が選ぶ、フォトコンテストも行われた。われわれも工夫を凝らして撮影したが、残念ながら選外。 拡大
第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦の画像 拡大
1日目の燃費値は25.5km/リッター。
1日目の燃費値は25.5km/リッター。 拡大
愛知機械工業熱田工場の皆さんに出迎えられてチェックポイント到着。
愛知機械工業熱田工場の皆さんに出迎えられてチェックポイント到着。 拡大
「ノート」低燃費化の立役者、「HR12DDR」の組立ラインを見学。
「ノート」低燃費化の立役者、「HR12DDR」の組立ラインを見学。 拡大

第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦の画像 拡大
名古屋駅前にて記念撮影。もちろんこの際の時間と燃費もスコアに含まれる。
名古屋駅前にて記念撮影。もちろんこの際の時間と燃費もスコアに含まれる。 拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事