あなたのクルマもイタリアに来れば……

かわって往年のエキゾチックカー「デ・トマゾ」。初期の1台「Vallelunga(ヴァッレルンガ)」はローマ郊外のサーキットの名称にちなんだものであるが、ヴァッレルンガとは「長い谷」を意味する。ボクはヴァッレルンガを見るたび、心の中で「あ、ナガタニだ」とつぶやいている。

しかし、さりげないイタリア語をカッコよくしてしまったものの横綱は、マセラティの「Quattroporte(クアトロポルテ)」であろう。なんのことはない、「4ドア」の意味である。事実イタリアではマセラティでなくてもドアが4枚付いていれば、クアトロポルテと呼ぶ。今これを読んでいるあなたがお乗りの「日産ブルーバードシルフィ」だって、イタリアに来ればクアトロポルテと呼んでもらえる。

クアトロポルテには及ばぬが、同様にイタリア語を堂々と駆使していたのは、ランチアであろう。「アッピア」「アウレリア」「フラミニア」といった車名は古代ローマの街道に由来したものである。もしランチアが日本車だったら、「ランチア甲州街道」でもよかったはずだ。

と、今回はイタリア車の名前を笑いの種に使わせていただいたが、実は昔そうした車名をきっかけに「ヴァッレのルンガねぇ〜」「クアトロのポルテかぁ」と、イタリア語の単語を少しずつ覚えられたのも事実だ。
そうした意味では、クルマの名前で日本語を覚えるのが難しい外国人がかわいそうになってくるのである。

(文=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA/写真=大矢アキオ、日産自動車)

「フィアット・ブラーヴォ」
「フィアット・ブラーヴォ」 拡大
「マセラティ・クアトロポルテ」
「マセラティ・クアトロポルテ」 拡大
「ランチア・フラミニアGT」(手前)と「ランチア・フラミニアクーペ」(奥)。
「ランチア・フラミニアGT」(手前)と「ランチア・フラミニアクーペ」(奥)。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事