時空を超えた「モデルJ」

小説の中でギャツビーのクルマの名が明示されるのは1カ所だけで、ロールス・ロイスがパーティーの客を運ぶために乗り合いバスの役を果たしたと書いてある。ギャツビーが乗ってきたのがそれと同じクルマである証拠はないが、コッポラ版の映画では「ロールス・ロイス ファントム」が使われていた。バズ・ラーマンは別のクルマを用意した。「デューセンバーグ・モデルJ」である。

これは、ちょっと変だ。モデルJが発表されたのは、1928年のことである。小説でも映画でも、物語は1922年の出来事だとはっきり示されている。まだ存在していないクルマなのだ。ただ、事情はコッポラ版でも同じで、1922年ならばファントムでなく「シルバーゴースト」でなければならない。

戦前のクルマに詳しい人は気になるかもしれないが、バズ・ラーマンにとっては歴史考証など優先順位の低い項目なのだ。古典であっても現代の感覚で描き出すのが彼の骨法である。1996年に初めてディカプリオと組んだ『ロミオ+ジュリエット』では、舞台が現代のブラジルになっていた。モンタギュー家とキャピュレット家はマフィアで、アロハシャツを着たロミオがピストルをバンバンぶっ放していたのだ。『ギャツビー』でも、ジャズ・エイジの話なのに音楽はヒップホップを取り入れたりしている。

デューセンバーグは、1921年にアメリカ車として初めてフランスのACFグランプリで優勝を果たしている。直列8気筒エンジンに世界初の油圧ブレーキを備え、最先端の高性能スポーツカーだったのだ。ただ、いくらブレーキ性能が高いといっても限界があり、最後にあの悲劇的な事故を起こしてしまうことになるのだが。


第53回:デューセンバーグで時代を駆け抜けた偉大な男の肖像『華麗なるギャツビー』の画像 拡大
「デューセンバーグ・モデルJ」
高性能車を作ってレースに参戦していたデューセンバーグ社は、1922年に市販車の「モデルA」を発売する。28年には8気筒DOHCエンジンを搭載した「モデルJ」を発表した。ボディーはコーチビルダーによって架装され、さまざまなタイプが存在する。
「デューセンバーグ・モデルJ」
    高性能車を作ってレースに参戦していたデューセンバーグ社は、1922年に市販車の「モデルA」を発売する。28年には8気筒DOHCエンジンを搭載した「モデルJ」を発表した。ボディーはコーチビルダーによって架装され、さまざまなタイプが存在する。     拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事