市販ナビ並みの機能を備える

ディスプレイサイズが大きいことを差し引いても、地図の見やすさはかなりレベルアップしている。特にスゴイ、スゴすぎ! と感じたのが3Dランドマークが「超!」が付くほど精密なポリゴンで描かれていること。都市部のビル群の間を走る場合、実際に見える風景とこの画面がシンクロすることで交差点などでも迷うことは少なくなるはずだ。
地図表示画面はノースアップ/ヘディングアップ/ヘディングアップ+3Dの中から選択できるのだが、個人的にぜひオススメしたいのは、やはり3D表示である。自車位置上空から俯瞰(ふかん)して見る形だが、その角度が絶妙で、ヘディングアップの見やすさを残しつつ「少しその先」の道路状況がつかみやすい。またナビの機能に関しても文字の大きさや地図色、細街路に入った際の地図自動切り替えなど好みに応じて細かい設定が可能な点も専用機に負けない内容となっている。
高速道に入ると画面右側にその先のSAやPA、ICの案内が同時に表示される点も親切である。

実は、この日は比較的道路がすいていたこともあり、往路ではスマートに装着されているナビと目的地までの誘導がほぼ変わらない結果となった。逆に言えば、市販ナビ並みと言える能力の証明にもなったわけだ。目的地に到着するまでの音声案内や交差点表示などもきめ細かく親切であった。

今回の新「smart G-BOOK」に搭載される新機能の中、特に気に入ったのが独自の音声認識エンジンを搭載した「エージェント機能」である。検索方法は標準的なもので十分だが、この機能は探したい情報を語りかけるようにスマホに伝えるだけでかなり細かいオーダーにも答えてくれる。しかも、それで結果が出なければ後述するオペレーターへ直接つないでくれるというきめ細かい配慮がうれしい。ちなみにスタッフの希望もあったので「吉田のうどん」で検索したら、しっかり候補を出してくれたので遅めのランチを取ることができました。

神田橋ランプから首都高に乗り、4号線を経由して一路、中央道へ。
神田橋ランプから首都高に乗り、4号線を経由して一路、中央道へ。
    拡大
きれいでわかりやすい3Dランドマーク表示。ただ、今回のテスト機では問題なかったものの、スマホが処理速度の遅い古い機種だった場合、操作性がどこまで保たれるかが気になる。
きれいでわかりやすい3Dランドマーク表示。ただ、今回のテスト機では問題なかったものの、スマホが処理速度の遅い古い機種だった場合、操作性がどこまで保たれるかが気になる。
    拡大
河口湖付近で、富士山をバックに。今回は撮影のために河口湖ICで一度高速を降りた(わざとルートから外れた)が、その際のリルートも素早かった。
河口湖付近で、富士山をバックに。今回は撮影のために河口湖ICで一度高速を降りた(わざとルートから外れた)が、その際のリルートも素早かった。
    拡大
音声認識エンジンを利用したエージェント機能を使って、吉田うどんのお店を検索。回答が難しい質問の場合は、自動でオペレーターへとつながる。
音声認識エンジンを利用したエージェント機能を使って、吉田うどんのお店を検索。回答が難しい質問の場合は、自動でオペレーターへとつながる。
    拡大
目的地である山中湖の湖畔に到着。富士山をバックに記念撮影をと思っていたのだが、あいにくの天候に断念。
目的地である山中湖の湖畔に到着。富士山をバックに記念撮影をと思っていたのだが、あいにくの天候に断念。
    拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事