ニスモが来季のSUPER GTを戦う新型車両を発表【SUPER GT 2013】

2013.08.16 自動車ニュース
「日産GT-R ニスモGT500」
「日産GT-R ニスモGT500」
    拡大

ニスモが来季のSUPER GT選手権を戦う新型車両を発表【SUPER GT 2013】

日産自動車と、同社のモータースポーツ活動を担うニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は2013年8月16日、2014年シーズンのSUPER GT選手権に投入するGT500仕様のレーシングカー「日産GT-R ニスモGT500」を発表した。

SUPER GTのGT500クラスは、2014年からドイツツーリングカー選手権(DTM)とエンジン関連規則を除く基本的な車両規則が統一され、新しい車両規則に基づいて開発された車両によって競われることとなる。

今回ニスモが発表した「日産GT-R ニスモGT500」は、この2014年規則に合わせて新規に開発されたもの。7月末にシェイクダウンしたばかりの開発車両は、2013年8月17日から鈴鹿サーキットで開催される、SUPER GT第5戦「第42回 インターナショナル ポッカサッポロ1000km」で披露される。

(webCG)
 

関連キーワード:
GT-R, 日産, モータースポーツ, 自動車ニュース