インフィニティが香港のブランドに!?

ただ、個々のクルマ以上にビックリし、考えさせられたのは、今後の日産全体のブランド戦略だ。筆頭は日産が誇るプレミアムブランド、インフィニティに関して。不肖オザワ、情けないことに注目してなかったが、2012年春にインフィニティの本社が横浜から香港に移転! そんなニュースあったっけ……って感じだが担当の石川さんいわく、「今インフィニティブランド全体を立て直している」最中で、アウディ出身の常務執行役員、ヨハン・ダ・ネイシン氏の英断でそうなったらしい。

もちろん開発部隊やデザイナーの大部分は相変わらず神奈川県厚木市にあるテクニカルセンターにいるが、いわゆる経営陣や開発トップが在籍するヘッドクオーターは香港に移転。表向きの理由は「日本のインフィニティというより、アジア発のインフィニティにする」ことで、もっとぶっちゃけた話、一番の理由は今世界で最も高級車が売れる国=中国をターゲットとするため。
なにしろ去年1年間でアウディが42万台、BMWが33万台、メルセデス・ベンツが20万台も売れた国で、一番伸びているBMWは日本の約6倍! そりゃ無視できないわけよ。プレミアムブランドとしては。
しかも現実にインフィニティが取れているシェアはわずか約1%で、そりゃ欧米を攻めるより、これからの中国に注力したくもなるわな。

実際、去年9月の尖閣問題で移転効果を早速実感。
「意図はしていませんでしたが、まったく影響なくて、これ(地の利)を使わない手はないなと」と正直な石川さん。
そもそも中国人でインフィニティが日本ブランドだと思っている人は少なく、香港イメージはどう考えてもポジティブに働く。その上、香港は中国であって中国でないイメージもあり、ある種“無国籍なアジアのメガシティー”。妖艶(ようえん)なイメージのインフィニティにふさわしいといえばふさわしい。

インフィニティ中国のゼネラルマネージャーを務める石川義人さん(写真右)。
インフィニティ中国のゼネラルマネージャーを務める石川義人さん(写真右)。
    拡大
日本未導入のブランドとあって、インフィニティのラインナップの多くは日本ではみかけないクルマだ。こちらは大型クロスオーバーSUVの「QX60」。
日本未導入のブランドとあって、インフィニティのラインナップの多くは日本ではみかけないクルマだ。こちらは大型クロスオーバーSUVの「QX60」。
    拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事