まぶたに残る、あのクルマ

まずは、2002年から2006年(2005年を除く)に出展していたインドの「DCデザイン」である。
DCとは、アートセンター・カレッジ・オブ・デザインに学びGMデザインセンターでの勤務経験もある社主ドリップ・チャーブリアのイニシャルである。彼の会社は2006年を最後にジュネーブに自社スタンドを出していないが、代わりに北京、ドバイ、そして地元インドのデリーといった新興国のショーに発表の軸足を移している。展示されたショーカーは、極めて高値で愛好家に買い取られてゆくという。そうした意味で、ジュネーブ卒業組のなかで出世頭と言ってもいいだろう。

次は、2006年にイタリア企業が出展した「ジンコ」である。欧州各国において原付き免許で乗れる、いわゆるマイクロカーでありながら「ランボルギーニ・カウンタック」もびっくりの跳ね上げ式ドアを備えていた。
理由についてスタッフは、スタイリッシュであることとともに、「マイクロカーのユーザーに多い、車いすを使用する人の乗降性を考えた」と説明してくれたのを覚えている。
製作したジオッティライン社は、実はボクが住むシエナから約30kmのところにあるキャンピングカーメーカーである。発表年にボクが訪問したときは工場の一角で、なんとランボルギーニのOB社員も交え着々と初期のジンコ数台を製作していた。だが、2010年にあらためて聞いたところ「現在は計画休止中」という答えが返ってきたことを記しておこう。

続く2007年のジュネーブには、見るからにエキゾチックな1台が会場に現れた。4人乗りクーペ「ルッソ・バルティーク インプレッション」だ。ルッソ・バルティークはもともと20世紀初頭に誕生したロシアの歴史的自動車メーカーであった。ロシア皇帝専用車を納入するという栄誉に浴したものの、1923年には消滅している。その復活を企てたドイツとロシアの企業が造った豪華クーペが、このインプレッションであった。中身はAMGメルセデスだ。

あとは写真解説をご覧いただくことにするが、今も時折夢に出てきてボクがうなされているのは、2003年のジュネーブに展示されたa:level「ヴォルガV12クーペ」である。旧ソビエトのミッドサイズセダン「GAZ 21ヴォルガ」(1956-1970)のスタイルをモチーフに、モスクワ郊外のa:levelという工房が手がけたものだ。ベースは「BMW 850 CSi」とそのV12エンジンである。

とかくレトロというと、「トヨタ・オリジン」のように憩い系に走るか、1970年代アメリカ車の復活版のようにカッコよさを強調したものかどちらかだ。しかし、この復活版ヴォルガV12クーペは、ダサさと怖さを漂わせる、不思議なオーラを発することに成功していた。

2006年 ジオッティラインのマイクロカー「ジンコ」。
2006年 ジオッティラインのマイクロカー「ジンコ」。 拡大
2007年 ルッソ・バルティーク「インプレッション」。
2007年 ルッソ・バルティーク「インプレッション」。 拡大
ルッソ・バルティーク「インプレッション」のリアビュー。
ルッソ・バルティーク「インプレッション」のリアビュー。 拡大
2003年 a:level「ヴォルガV12クーペ」。
2003年 a:level「ヴォルガV12クーペ」。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事