ブツからないクルマをつくりたい

――「シティ・セーフティ」の導入により、事故の発生率はどのくらい改善されたのですか?

「100万件ほどの事故データを解析した結果、『シティ・セーフティ』を導入してから15~20%、衝突事故が減っています」

――それはすごい!

「次のステップとして、乗員以外の人を保護する『歩行者検知機能』の充実が挙げられます。まずは2012年に、『S60』に搭載されました。そのころは、まだ車外にいる人を検知して事故を回避する、という考えは一般的ではありませんでした。けれどもS60に搭載されたことで関心が高まりました。
いますぐクルマを買うわけではない。けれども、ボルボのクルマを見ることで、クルマの外にいる人たちの安全を考慮する大切さを理解する。そうした意識の変化を見るのは、大変うれしいことです」

――イバーソンさんは、2020年までに新型ボルボによる死亡・重傷事故をゼロにする「ビジョン2020」の中心人物とうかがいました。

「現在、ボルボは“安全性のリーダー”としての地位を持っています。それをどのようにして社内、社外に伝えていったらいいだろうか? 当初は社内の、特に安全関係のエンジニアやリサーチャーに対して、経営陣の考え方をクリアに伝えるために、このスローガンを作りました。さらに社外にも、ボルボの考え方を伝えるステートメントとして使うようになりました。
最終的には、ブツからない、あるいは死亡・重傷者を出さないクルマをつくりたい。非常に野心的な目標ですが、“安全”の第一線にいる者として、それを実現できる手応えを感じています」

(インタビューとまとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=DA、ボルボ)

「ヒューマン・セーフティ」は前方車両や歩行者のほか、2014年モデルからサイクリストも検知するようになった。
「ヒューマン・セーフティ」は前方車両や歩行者のほか、2014年モデルからサイクリストも検知するようになった。 拡大
「ヒューマン・セーフティ」は、デジタルカメラとミリ波レーダー、および赤外線レーザーを用いて対象を検知する。
「ヒューマン・セーフティ」は、デジタルカメラとミリ波レーダー、および赤外線レーザーを用いて対象を検知する。 拡大

第221回:「死亡・重傷事故ゼロ」の実現に手応えありボルボのセーフティー担当エンジニアにインタビューの画像 拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事