いつかはハチロクになる(かも)

だから、昭和のおじさんたちが「トヨタ86」を見ると、「かわいげがねぇんだよなぁ!」となる。

それでも……それでも……。
BMWが手がける新しいMINIが“ミニ”の後を継いだように、今度の86はハチロクになれると思う。
ハチロクという名前が付けられただけで、悲しいかな、やっぱりハチロク好きのおじさんたちは血が騒いでしまうのだから。

それに、現実を振り返れば、これは実にいい着地点だったと感心もする。
前述したとおり、元祖ハチロクの魅力には、実はやぼったさや、荒っぽさが挙げられるのだけれど、では一体どれだけのひとが、いまさらそんなクルマに乗るだろうか? 筆者のようなよほどの好き者でもない限り、いまハチロクを運転したところで、そのしょぼさに愕然(がくぜん)とするだけだ。

しかし、ここでハチロクの淡いイメージは「トヨタ86」へと昇華する。当時のハチロクのいい思い出を心に抱いたまま「トヨタ86」に乗れば、快適に今を走ることができるのである。
チーフエンジニアの多田哲也氏は、プレスカンファレンスの会場で「『トヨタ86』には、ハチロクのスピリットを込めました」とコメントしながら、「復刻版ハチロクを作ったのではなく、ハチロクのように愛されるスポーツカーを作りたかったのです」とも言っている。

筆者は、ひとりのハチロク好きとして、そして自動車ジャーナリストとして、こう言いたい。

「もう一度小粋なスポーツカーに乗りたいオジサン世代よ、『トヨタ86』に乗ろう。それもたくさん、道路にあふれるほどに」。
「あれやこれやとチューニングを楽しんで、最後は新車価格の半分くらいで若者にこれを託そう!」

昔の自分がハチロクを手に入れたときのように、中古の「トヨタ86」がクルマ好きの若者に格安で引き継がれるようになったなら、「トヨタ86」は本当の意味でハチロクに、ハチロクのように長く愛され続けるスポーツカーになると思うのだ。

(文=山田弘樹/写真=webCG)


第136回:“平成のハチロク”、乗ってみたらどうだった? 〜「トヨタ86」チョイ乗り試乗会からの画像 拡大
インテリアの様子。写真の6段MT車のほか、6段AT車もラインナップする。
インテリアの様子。写真の6段MT車のほか、6段AT車もラインナップする。 拡大
「86」について説明する、多田哲也チーフエンジニア。「かつてのハチロクのように愛されるスポーツカーを作りたかった」という。
「86」について説明する、多田哲也チーフエンジニア。「かつてのハチロクのように愛されるスポーツカーを作りたかった」という。 拡大
スバルとの共同開発で誕生した、新型FRスポーツカー「トヨタ86」。発売は2012年春が予定されている。
スバルとの共同開発で誕生した、新型FRスポーツカー「トヨタ86」。発売は2012年春が予定されている。 拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事