「銀座テレサ」に「ズームイン!! 朝!」のスタジオ跡

ところで、中学生の頃の銀座といえば、三越の2階に「銀座テレサ」というTBSテレビのサテライトスタジオがあった。数々の人気番組や週末番組が、そこから生放送されていた。
ボクが通りかかるときオンエア中だったことはついぞなかったが、それでも『ぎんざNOW!』『レッツゴー銀座』『ハッスル銀座』など、日頃見ている番組の舞台かと思うだけで、郊外出身のボクとしては十分ワクワクしたものだ。
こちらも先日「今、何になってるのかな?」と、三越に入店してみたら、何のことはない、婦人靴とストッキング売り場になっていた。

テレビつながりで東京の話をすれば、もうひとつ思い出がある。市ヶ谷・麹町の旧日本テレビ本社だ。多くの方がご記憶と思うが、当時の朝番組『ズームイン!! 朝!』は、社屋から出っ張るかたちで特設された「マイスタジオ」と称する場所から生放送されていた。放送の後半で、司会の德光和夫氏が外に出てきて、やってきた視聴者と会話する様子が映し出されるのが通例だった。
そこでボクは、通っていた中学で秋の学園祭向けに作ることにした8ミリ映画を宣伝すべく、中1の夏休み、早起きして行った。そして当日、幸いにも徳光氏のマイクを前に、クランクインを高らかに宣言することに成功した。初の“テレビ出演”だった。

こちらも先日訪れてみると、今はなんと診療所に変わっていた。ズームイン!! 朝!の“目立ち出演”は、今思い起こすと「恥の多い生涯を送って来ました」と、思わず太宰治になってしまうような赤面モノの思い出である。

だが、日頃住んでいる、中世から時間が止まったようなイタリア地方都市と違って、無情なまでに変化が速い東京で、残っていたズームイン!! 朝!のスタジオ跡は、ボクにとって、ちょっとした遺跡を発見したような感激を与えてくれたのであった。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

ショールームつながりで、もうひとつ。六本木ヒルズノースタワーの正面エントランス。ここはかつて東京日産のビル(東日ビル)で、1階には広いショールームがあった。ただし、展示されているのは東京日産系扱い車のみだった。
ショールームつながりで、もうひとつ。六本木ヒルズノースタワーの正面エントランス。ここはかつて東京日産のビル(東日ビル)で、1階には広いショールームがあった。ただし、展示されているのは東京日産系扱い車のみだった。 拡大
銀座三越の2階、銀座テレサがあった場所を臨む。
銀座三越の2階、銀座テレサがあった場所を臨む。 拡大
日本テレビ麹町分室となっている旧日本テレビ本社ビル。「ズームイン!! 朝!」のマイスタジオは、診療所に変わっていた。
日本テレビ麹町分室となっている旧日本テレビ本社ビル。「ズームイン!! 朝!」のマイスタジオは、診療所に変わっていた。 拡大
小中高そして大学の同級生&後輩4人と四半世紀ぶりに銀座三越で電撃再会。銀座の自動車&家電ショールーム史について、うんちくを垂れたかったが、すてきな奥さまになっている彼女たちにドン引かれそうなのでグッとこらえた。
小中高そして大学の同級生&後輩4人と四半世紀ぶりに銀座三越で電撃再会。銀座の自動車&家電ショールーム史について、うんちくを垂れたかったが、すてきな奥さまになっている彼女たちにドン引かれそうなのでグッとこらえた。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事