第49回「BMW i3」(後編)

2014.05.16 水野和敏的視点

「本物のEV」がようやく出てきた!

今回も引き続きBMW i3を見ていきましょう。前回はi3がクルマそのものを、そしてクルマを取り巻く社会を、どのように変えていくのかを考えてみました。今回は実際に箱根に持ち込んで、その走りをチェックします。

i3は2013年の夏に発表され、欧州で先行発売されたのち、今年の4月5日に日本でも販売が開始されました。ラインナップは、ピュアEV仕様(499万円)と、レンジ・エクステンダー付き(546万円)の2種類。後者は、バッテリー残量が少なくなったときに発電機を回せる647cc直列2気筒エンジンを搭載します。

充電は200Vの電源なら7~8時間で済み、ピュアEVバージョンでは、日常的な使い方で130~160kmほど走れるといいます。もちろん日本のCHAdeMO(チャデモ)方式の急速充電機にも対応しています。一方、レンジ・エクステンダー付きなら、さらに発電用のエンジンを稼働することにより、航続距離を約300kmまで延ばせるそうです。

バッテリーを敷きつめたアルミ合金製のシャシーに、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)製の上屋を載せるというボディー構造を採るBMW i3。その先進性と発展性、そしてクルマとの付き合い方を根本から変える可能性については、前回、述べました。「電気自動車という存在に、真っ正面から取り組んだクルマが、ようやく出てきた!」 BMW i3と接して、そんな感慨を持ったのです。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 大容量の新型バッテリーを搭載した「BMW i3」発売 2019.2.6 自動車ニュース BMWジャパンは2019年2月6日、電気自動車「BMW i3」に新型のリチウムイオンバッテリーを搭載し、同日に販売を開始した。総電力量は33kWhから42kWhに増加し、「レンジ・エクステンダー装備車」では最大航続距離466kmを達成している。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る