プロモデルが立ち上げたのは……

そうしたプロダクトを見学しながら、会場を歩いていたときである。しゃれたベストを身につけた、ナイスなお兄さんが歩いてきた。よく見ると大理石柄だ。呼び止めて写真を撮り終えると、エルビオさんという彼は「あとでスタンドにも寄って寄って!」と言う。

ランチの後、訪ねてみると、本当にベスト屋さんであった。聞けばエルビオさんは大学の経済学部を卒業後、ドルチェ&ガッバーナのショーなどで活躍してきたプロファッションモデルであった。もちろん今も現役。どうりで写真を撮るときのポーズが決まっていたわけだ。

そしてこのたび、建築家のエドアルドさんと、クリエイティブディレクターのアダさんとで、ブランド「レタスカ」を立ち上げたという。もちろん、モデルはエルビオさんが務める。少人数ながら最強のチームである。
ベストはリバーシブルで、素材やポケットなど機能性は軍用ベストをお手本にしている。同時に「仕事が終わったらスーツの下に着たままで、パーティーに出られるスタイリッシュさ」をアピールする。サイクリストやモーターサイクリストにもアピールしていきたいという。

10個のポケットのうち、ひとつはタブレットPCサイズを確保し、さらに背側にも薄型ノートPCがすっぽり収まるポケットが付いている。狭いわが家のレイアウト上、少し前まで酷暑の日でも女房が使うPCの放熱をもろに浴びていたボクである。「熱をもったノートブックPCをベストに入れて、ホカロン代わりに」という妙案を思いついた。
だが、どんな重量物を入れても涼しい顔をして歩ける、エルビオさんのようなたくましい体格づくりが必要であろう。ファッショニスタへの道は長い。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=大矢麻里<Mari OYA>)

ファッショナブルなポケット付きリバーシブルベストをリリースした「レタスカ」の3人組。右からプロモデルでもあるエルビオさん、クリエイティブディレクターのアダさん、建築家のエドアルドさん。
ファッショナブルなポケット付きリバーシブルベストをリリースした「レタスカ」の3人組。右からプロモデルでもあるエルビオさん、クリエイティブディレクターのアダさん、建築家のエドアルドさん。 拡大
ベストの後ろ側のポケットは、薄型ノートPCが収納できるサイズ。
ベストの後ろ側のポケットは、薄型ノートPCが収納できるサイズ。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事