ポルシェはF1への参戦も検討していた

続いてルマン復帰について。2014年のルマン24時間レースにポルシェのワークスチームが参戦することはすでに発表済み。しかも、ハイブリッドとおぼしき最新技術を引っさげてトップカテゴリーのLMP1クラスに挑戦するという。このニュースに世界中のポルシェファンならびにレースファンが喜んだのは間違いないだろう。

「決定したのは今年の春」。ハッツ副社長が切り出す。「ワークス活動の舞台としては、F1とルマンのふたつを検討した。ただし、われわれのモータースポーツにおける歴史は常にルマンとともにあった。そこでポルシェは最高の成績を収めてきたからね。また、ルマンは2014年に規則を改正するんだが、そうすると量産車に近い技術を投入できることになる。これもF1ではなくルマンを選んだ理由のひとつなんだ」。

ちまたでは、ポルシェの復帰とともにアウディがルマンから撤退し、F1に活動の舞台と移すとうわさされている。同じフォルクスワーゲングループのアウディとポルシェが同じルマンで勝ったり負けたりを繰り返すのは無意味だと考えられるからだ。そこで「アウディとの調整は行ったのか?」と質問すると、「そんなことはしていない。そもそもポルシェとアウディが激しい戦いをしたほうがレースとしては面白いでしょう。ワハハハハハ」と大笑いしたのであった。

ハッツ副社長と筆者(写真右端)。副社長は「ポルシェとアウディが激戦した方が楽しいでしょう」と言うと、豪快に笑った。
ハッツ副社長と筆者(写真右端)。副社長は「ポルシェとアウディが激戦した方が楽しいでしょう」と言うと、豪快に笑った。 拡大
アウディAGのルパート・シュタートラー会長。ハッツ副社長の「宣戦布告」は耳に届いた!?
アウディAGのルパート・シュタートラー会長。ハッツ副社長の「宣戦布告」は耳に届いた!? 拡大
2011年のルマンを制した「アウディR18」。いったいどんなポルシェ・レーサーがこの強大な敵に立ち向かうのだろうか?
2011年のルマンを制した「アウディR18」。いったいどんなポルシェ・レーサーがこの強大な敵に立ち向かうのだろうか? 拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事