自然は壊れてしまったら再生できない

しかし、裁判の結果は、原告側の敗訴。つまり、市民団体の主張は退けられた。判決文のなかで、裁判所は、「トンネル工事によって高尾山周辺の自然に影響がでるおそれがある」と認めたものの、それでも高尾山トンネルには公共性があるとしたのである。
そりゃ、そうだろう。たとえどんな場所であろうと、道路を建設すれば便利になる人は必ずいるわけなのだから。でも、ね、と思う。だからと言って、高尾山にトンネルを掘るっていうのはどうなの、と。日本橋の上に首都高を造って、何十年かたって、こりゃ、やっぱり見栄えが悪いという議論になり、じゃ、地下に造り直そうかというのとはわけが違う。高尾山の自然は、壊れてしまったら、もういっぺん再生、なんてできないのだ。

かつて、山の歴史や成り立ちを勉強する際に私が最初に手にした『山の自然学』(岩波新書)。その本の著者で、東京学芸大学の自然地理学の小泉武栄教授が書いている。

「国家的財産というべき高尾山にトンネルを掘るのは、法隆寺の庭を貫いて道路を造るようなものなのですが、困ったことに、造る側にはそういう意識がまるでなさそうに見えます。人間が造った文化財の大切さは理解できるようなのですが、自然が長い年月をかけて造りだした自然の文化財については、その重要性がよくわかっていないようです」

安全も環境も二の次に置いて、日本がひたすら高度成長を目指した時代に計画された全総(全国総合開発計画・第2回参照)が、圏央道のそもそもの出発点である。あれから50年以上が過ぎ社会をとりまく状況はまるで変わり、しかも、高尾山のとてつもない価値が明らかになった後も、なにが何でも圏央道建設に変更はないという時代錯誤の姿勢。すぐ手前に八王子JCTを造ったのだから、それを利用して迂回(うかい)するなり方策はあるだろうにと思うのだけれど、「自然に配慮した工法だから大丈夫」の一点張りでのトンネル工事だった。

高尾山の自然が本当に守れるのか、私は心配で仕方がない。この先、何年か何十年かして高尾山の森に異変が起きてしまったら、この時代に生きる人間のひとりとして、ご先祖さま方に顔向けができないし、未来に申し訳ない、と私は思うわけなのである。

(つづく)

(文=矢貫 隆)

八王子城跡トンネル
八王子城跡トンネル 拡大
矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

あなたにおすすめの記事
新着記事