マツダからデミオベースの小型セダンが登場

2014.11.21 自動車ニュース
新型「マツダ2セダン」
新型「マツダ2セダン」
    拡大

マツダから「デミオ」ベースの小型セダンが登場

マツダは2014年11月21日、「タイ国際モーターエキスポ2014」(開催期間:11月28日~12月10日、一般公開は11月30日から)において、新型「マツダ2(日本名:デミオ)」のセダンを世界初公開すると発表した。

マツダ2はタイにおけるマツダの最量販車種であり、2010年1月の発売以来、累計12万台が販売されている。

今回の新型マツダ2セダンは、ハッチバックモデルとともに2015年初頭にタイでの発売を計画しているもので、両モデルともエンジンには小排気量クリーンディーゼルの「SKYACTIV-D 1.5」を搭載。マツダは同車について「端正なプロポーションと力強いスタイリング、上質かつスポーティーなインテリア空間、優れた走りと環境安全性能を高次元で実現するコンパクトセダン」であるとしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.3.16 試乗記 りりしいフロントマスクや新開発のエンジンなどを携えてデビューした新型「メルセデス・ベンツAクラス」だが、その目玉はやっぱり“普通の言葉”での対話が可能なインターフェイス「MBUX」。あれこれ話しかけ、できることとできないことを洗い出してみた。
  • 今度の7代目は買いなのか?
    新型「スバル・レガシィ」に思うこと
    2019.2.22 デイリーコラム 7代目となったスバルのフラッグシップ「レガシィ」。アメリカ国内でデビューした新型は、ファンの期待に応えられるか? 日本の“スバリスト”が、現在分かっている情報を元に同モデルを評価する。
  • 第1回:ホンダ・フィット 花と海が彩る初春の南房総を行く 2019.2.22 藤トモ × ホンダ・フィットのONE DAY TRIP<PR> モータージャーナリスト藤島知子さんが選んだ“日帰りドライブ”の行き先は千葉! バラエティー豊かな道の駅や、花咲き誇る房総フラワーラインなど、魅力的なドライブスポットが盛りだくさんの初春の南房総を、「ホンダ・フィット」で巡った。
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
ホームへ戻る