自転車運転者講習

10年以上前から「自転車ブーム」とは言われていたけれど、爆発的なブームの到来は、知ってのとおり東日本大震災からこっち、ここ4年ほどのことだ。急激に数が増えれば無法・無謀自転車の数も激増するのは世の習いで、朝の通勤時間帯の幹線道路は、まさに、自転車乗りのやりたい放題。当の本人たちにそんな意識はないとしても、周囲を走るクルマの運転手の目にはそう映っている。

マナーのいい自転車とか、とってもマナーの悪い無法・無謀自転車とか、それらに取り囲まれるようにしてタクシーを走らせる私は、仕事を終えればひとりの自転車乗りでもあるわけだから、気持ちは複雑だった。

ヘッドホンをして自転車、スマホを見ながら自転車、後方確認もしないでいきなりの進路変更、交通量の多い大きな交差点での露骨な信号無視、歩道上をすっ飛ばす自転車、どれもこれもだめでしょう。
このままじゃ、いずれ「道交法改正」だの「自転車取り締まり」だの、となってしまうと誰もが想像したとおり、道交法の一部改正。2015年6月1日に、自転車対策としての改正法の一部が施行されたというわけだ。

メディアでさんざん報じられているからその概要は知ってのとおり、危険な違反を繰り返す自転車乗りに「自転車運転者講習」(=3時間の安全講習。手数料5700円)を義務づけるというもの。
講習の対象となる危険行為とは、たとえば信号無視とか酒酔いとかの14の行為(別記)だが、要は、クルマを運転するときに守らなければならない道交法と同じなのだと考えておけばいい。
自転車乗りのお姉さんに怒られた私の逆走は――判断をめぐっては議論百出だろうが――5mとはいえ、14の危険行為のうちのひとつ、通行区分違反とみなされる(かも)。

これらの違反を3年以内に2回以上繰り返した場合(=検挙された場合)、都道府県の公安委員会から自転車運転者講習の受講命令を受けることになり、応じない場合には「5万円以下の罰金」である。
警視庁のホームページには「一斉指導・取り締まり」とあったけれど、改正法が施行された初日(=6月1日)、東京都内では97カ所で自転車に対する指導・取り締まりが実施されたのだという。

ことは、なにかと話題の自転車問題だし、鳴り物入りでの施行だし、きっと、現場の警察官は杓子(しゃくし)定規に指導・取り締まりを行ったのだろうとは想像がつく。そして、これからしばらく先も、検挙された自転車乗りと警官の間で悶着(もんちゃく)が起きるのだろうとも想像はつく。

この問題を報じるテレビを見ていたら、ニュースキャスターだかコメンテーターだかが「自転車が安全に走れる環境の整備も(取り締まりと)同時に必要ですが……」という趣旨の発言をしていた。全国の道路総延長約120万kmのうち、クルマや歩行者から分離された自転車通行空間の延長は約3000kmちょっとしかない。それはやっぱりだめでしょう。取り締まりだけじゃなく、自転車道の整備も進めなくては、と言ったわけだ。

そうかな?

確かに正論だとは思うけれど、施行された自転車対策としての改正法、そこに込められた意味は、もうちょっと深い、のではあるまいか。

(つづく)

(文=矢貫 隆)

●自転車運転者講習の対象となる危険行為
1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者用道路徐行違反
4.通行区分違反
5.路側帯通行時の歩行者通行妨害
6.遮断踏切立ち入り
7.交差点安全進行義務違反等
8.交差点優先車妨害等
9.環状交差点の安全進行義務違反等
10.指定場所一時不停止等
11.歩道通行時の通行方法違反
12.ブレーキ不良自転車運転
13.酒酔い運転
14.安全運転義務違反
●自転車運転者講習の対象となる危険行為
    1.信号無視
    2.通行禁止違反
    3.歩行者用道路徐行違反
    4.通行区分違反
    5.路側帯通行時の歩行者通行妨害
    6.遮断踏切立ち入り
    7.交差点安全進行義務違反等
    8.交差点優先車妨害等
    9.環状交差点の安全進行義務違反等
    10.指定場所一時不停止等
    11.歩道通行時の通行方法違反
    12.ブレーキ不良自転車運転
    13.酒酔い運転
    14.安全運転義務違反     拡大
矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

あなたにおすすめの記事
新着記事