プジョーRCZにスポーティーなGTライン登場

2015.07.01 自動車ニュース
「プジョーRCZ GTライン」
「プジョーRCZ GTライン」
    拡大

「プジョーRCZ」にスポーティーな「GTライン」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年7月1日、2ドアクーペ「RCZ」に新グレード「GTライン」を設定し、販売を開始した。

GTラインはスポーティーな専用パーツが装着されたエクステリアと、各所にレッドステッチが施されたインテリアを特徴とする新グレードである。

主な装備の内容は、以下のとおり。
・「GT Line」エンブレムつき専用フロントグリル
・ダブルエキゾーストパイプ(「RCZ R」タイプ、左ハンドル車に設定)
・19インチアロイホイール“Technical Dark Grey”
・レッドステッチインテリア(ダッシュボード、ステアリングホイール、ブラックナッパレザーシート、センターアームレスト、フロアマット、ドアトリムなど)

ボディーカラーは「パール・ホワイト」「オパール・ホワイト」「ペルラ・ネラ・ブラック」「モロカン・レッド」の全4色。価格は、右ハンドル/6AT仕様が439万5000円、左ハンドル/6MT仕様が466万円。

(webCG)

関連キーワード:
RCZ, プジョー, 自動車ニュース

プジョー RCZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • プジョーRCZ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.28 試乗記 プジョーRCZ(FF/6AT)
    ……399万円

    プジョーの超個性派クーペ「RCZ」は、乗ってみても印象的? 右ハンドルのオートマモデルで、走りと乗り心地を試した。
  • プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】 2010.12.14 試乗記 プジョーRCZ(FF/6MT)
    ……466万円

    スタイリングが個性的なプジョーのスポーツクーペ「RCZ」に試乗。6段MTモデルの走りを確かめた。
ホームへ戻る