クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

前編:いま、小さな個性派がアツい!? ~軽とコンパクトのキャラ立ちモデルを一挙紹介

楽しさが詰まってる 2015.08.28 実力チェック! 人気の軽とコンパクト 軽自動車やコンパクトカーの世界は、エッジの効いたデザインや規格外のユーティリティー性も持ち味とする“個性派モデル”が花盛り。ここで、その背景となる自動車業界のトレンドを検証しつつ、いま注目すべきモデルをピックアップしてみよう。

軽自動車4割超えの衝撃

2014年、国内新車販売台数に占める軽自動車の割合が4割を超えた。ちょっとした事件である。日本の軽自動車が、世界に誇る素晴らしい技術的達成のたまものであることは間違いのない事実だが、4割というのは衝撃的な数字だ。税制の優遇が減らされたことで若干売れ行きは鈍っているが、自動車市場に確固たる地位を築いていることは否定できない。

1993年に「スズキ・ワゴンR」が登場したことが、軽自動車の可能性を開いた。車高を上げて広い室内空間を確保したハイトワゴンは、ユーザーから圧倒的な支持を集める。ダイハツが「ムーヴ」で対抗し、新たに有力なジャンルが形成された。2003年にはさらに背の高い「ダイハツ・タント」がデビューし、スーパーハイトワゴンが人気となる。

軽自動車は背の高さで大きく3つのタイプに分けられることになった。一番背の低いのが「スズキ・アルト」や「ダイハツ・ミラ」などで、価格を抑えたベーシックモデルだ。真ん中に位置するのがスズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴで、最も背の高いのがダイハツ・タントや「スズキ・スペーシア」である。

長らくスズキとダイハツが軽自動車の2大メーカーとして競ってきたが、ホンダが「Nシリーズ」を投入してからは三つどもえの戦いになった。ホンダのラインナップは、背の低いほうから「N-ONE」「N-WGN」「N-BOX」である。これに日産三菱連合軍が加わり、国内販売台数の4割を占める一大勢力となった。

「背の高い軽乗用車」というカテゴリーを開拓した「スズキ・ワゴンR」。現在のモデルは5代目にあたる。写真は、2013年夏に発売された「20周年記念車」。
「背の高い軽乗用車」というカテゴリーを開拓した「スズキ・ワゴンR」。現在のモデルは5代目にあたる。写真は、2013年夏に発売された「20周年記念車」。
    拡大

「ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA”」。強さや高級感をウリとする、軽の代表的な個性派モデルである。


    「ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA”」。強さや高級感をウリとする、軽の代表的な個性派モデルである。
    拡大
「スズキ・アルト」は、2014年12月に8代目がデビュー。シンプルかつ直線基調のデザインと軽量ボディー、37.0km/リッター(JC08モード)の低燃費などがセリングポイントとなっている。
「スズキ・アルト」は、2014年12月に8代目がデビュー。シンプルかつ直線基調のデザインと軽量ボディー、37.0km/リッター(JC08モード)の低燃費などがセリングポイントとなっている。
    拡大
“ミニバン並みのユーティリティー性”を武器に、2015年前半、軽自動車販売のトップを走り続けた「ホンダN-BOX」。走行性能やドレスアップにこだわったコンプリートカー(写真)も、カタログモデルとしてラインナップされている。
“ミニバン並みのユーティリティー性”を武器に、2015年前半、軽自動車販売のトップを走り続けた「ホンダN-BOX」。走行性能やドレスアップにこだわったコンプリートカー(写真)も、カタログモデルとしてラインナップされている。
    拡大

飽和状態の市場に現れた変わり種

3タイプ体制が定着して市場が落ち着いたように見えていたところに、ちょっとした変わり種が現れる。2013年末にデビューした「スズキ・ハスラー」だ。ワゴンRをベースにして車高を上げ、バンパーやフェンダーなどをSUV風に演出している。ピンク、ブルー、オレンジといったビビッドなカラーを用意し、オシャレ感を漂わせた。スズキには「ジムニー」という本気の4WD車があるが、ハスラーはもう少しライトな路線を狙っている。

市場が飽和状態になりつつあり、ラインナップを広げる必要があった。実用性で評価が高いワゴンRとは別の選択肢が求められていたのだ。普通車の世界でクロスオーバーが人気なのだから、軽自動車でも成功するはずだと考えたのは自然である。ちょっとレトロな雰囲気を持ったデザインと大胆な色使いは、女性へのアピールを意識している。ヒルディセントコントロールを装備するなど、機能面も充実させている。レジャーで使うことを想定しているのだ。

もくろみは見事に当たり、注文が押し寄せて数カ月の納車待ちになった。2014年には8万6000台あまりを売り上げ、軽自動車販売台数ランキングの10位に入った。1位のタントが約20万台なので、ニッチなモデルとしては大健闘の数字だ。付加価値を加えることで、新たな軽自動車の魅力を引き出す可能性はまだまだ残されている。

以前から比類のないオリジナリティーを持ったモデルはあった。「スズキ・アルトラパン」が代表格だろう。“ウサギ”をデザインテーマにしていて、内外の要所要所にウサギマークを配している。ベースモデルのアルトとは一線を画したふんわりとした造形が、ターゲットとされる若い女性を引きつける。ベース車のモデルチェンジに伴って、このほどラパンは3代目となった。「ラパンでなきゃダメ」というファンが確実にいるわけで、女子に特化して成功したモデルなのだ。

軽規格のクロスオーバーSUV「スズキ・ハスラー」。個性的なデザインとオフロード走破性、豊富なオプションでユーザーにアピールする。
軽規格のクロスオーバーSUV「スズキ・ハスラー」。個性的なデザインとオフロード走破性、豊富なオプションでユーザーにアピールする。
    拡大
「ハスラー」のインテリア。カラフルなインストゥルメントパネルが目を引く。
「ハスラー」のインテリア。カラフルなインストゥルメントパネルが目を引く。
    拡大
スズキの「アルトラパン」は、親しみやすく愛着の持てるデザインが特徴。2015年6月に発売された。
スズキの「アルトラパン」は、親しみやすく愛着の持てるデザインが特徴。2015年6月に発売された。
    拡大
2015年9月9日には、「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに掲げる軽、「ダイハツ・キャスト」が発表された。ユーザーの多様なニーズに対応すべく、個性の異なる3タイプ(キャスト アクティバ/キャスト スタイル/キャスト スポーツ)がラインナップされている。
2015年9月9日には、「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに掲げる軽、「ダイハツ・キャスト」が発表された。ユーザーの多様なニーズに対応すべく、個性の異なる3タイプ(キャスト アクティバ/キャスト スタイル/キャスト スポーツ)がラインナップされている。
    拡大

都会的なクロスオーバーの「X-URBAN」

ホンダNシリーズの第5弾として登場した「N-BOXスラッシュ」には、さすがに意表を突かれた。せっかく背を高くしたスーパーハイトワゴンの屋根を切り落とし、チョップトップに仕上げたのだ。やはりこれもラインナップの行き詰まり感を打ち破るためのモデルで、デザイナーの遊びから始まったプロジェクトだった。赤白にチェッカー模様をあしらったビニールレザーで仕立てたインテリアなども用意されていて、思い切りアメリカンである。オプションを加えていくと200万円を超えてしまう場合もあり、軽自動車のゴージャス化が進んでいることを示している。

軽自動車が元気なことで割を食っているのが、コンパクトカーだ。コンパクトカーは世界を相手にするグローバルカーであることが多いので、誰にも好まれるコンサバティブなデザインを採用せざるを得ない。日本で独自の進化を遂げて百花繚乱(りょうらん)状態の軽自動車に比べると、どうしても落ち着いているように見えてしまう。

それだけ基本がしっかりしているということではあるが、ユーザーの心をつかむのは大変だ。だから、実はコンパクトカーにも意匠を凝らしたモデルが存在する。「トヨタ・アクア」に新グレードとして設定された「X-URBAN(エックス・アーバン)」だ。コンパクトハイブリッドカーのアクアをクロスオーバースタイルに仕立てたモデルである。最低地上高を20mm上げ、フロントグリルやサイドマッドガードなどでSUVテイストを加えている。

“アーバン”という言葉が示すように、都会的なイメージをまとっている。外板色11色と専用パーツカラーで33通りの組み合わせを用意した。内装は「アクセント:シルバー」と「アクセント:オレンジ」の2種類を設定し、スタイリッシュさを強調している。X-URBANの駆動方式はFFのみで、本格的なオフロードを走るクルマではない。都会の中でSUVの雰囲気を楽しむことがテーマである。ほんの少しだけれど、高い視点になることで運転感覚もノーマルとは違う。さらに、16インチタイヤや専用サスペンションが与えられたことでキビキビと走れるようになっているなど、見た目以外にもメリットがあるのだ。

アクアは3年連続で新車販売台数日本一を達成しているだけに、街なかですれ違う機会も多い。だからこそ、他人と違ったファッションを取り入れたいと考える人は多いはずだ。燃費に優れたコンパクトハイブリッドがSUVライクなスタイルを持っているという意外性が、X-URBANの人気の理由である。

「ホンダN-BOXスラッシュ」。売れ筋の箱型軽「N-BOX」をベースに、“かっこよさ”や“おもしろさ”を追求した、超個性派モデルである。
「ホンダN-BOXスラッシュ」。売れ筋の箱型軽「N-BOX」をベースに、“かっこよさ”や“おもしろさ”を追求した、超個性派モデルである。
    拡大
カスタムの本場、アメリカのテイストを取り入れたというインテリア。写真は「ダイナースタイル」と名付けられた、デザインパッケージ。
カスタムの本場、アメリカのテイストを取り入れたというインテリア。写真は「ダイナースタイル」と名付けられた、デザインパッケージ。
    拡大
「トヨタ・アクアX-URBAN」は、ハイブリッド専用のコンパクトカー「アクア」に追加された新グレード。専用のドレスアップパーツやサスペンションでクロスオーバー車らしいアクティブなイメージが表現されている。
「トヨタ・アクアX-URBAN」は、ハイブリッド専用のコンパクトカー「アクア」に追加された新グレード。専用のドレスアップパーツやサスペンションでクロスオーバー車らしいアクティブなイメージが表現されている。
    拡大
「アクアX-URBAN」のインテリア。写真は「アクセント:オレンジ」と名付けられたオプションを選択したもので、ドアパネルやオープントレイ、シートの一部がアクセントカラーで飾られる。
「アクアX-URBAN」のインテリア。写真は「アクセント:オレンジ」と名付けられたオプションを選択したもので、ドアパネルやオープントレイ、シートの一部がアクセントカラーで飾られる。
    拡大
カラーバリエーションの豊かさも「アクアX-URBAN」のセリングポイント。外板色と専用パーツカラーから、33通りの組み合わせを選ぶことができる。
カラーバリエーションの豊かさも「アクアX-URBAN」のセリングポイント。外板色と専用パーツカラーから、33通りの組み合わせを選ぶことができる。
    拡大

デザイン志向とスポーツモデル

デザインテーマ「魂動(こどう) -Soul of Motion」を掲げるマツダは、コンパクトカーの「デミオ」でもスタイリッシュさを追求している。2015年4月から加わった「Mid Century(ミッド・センチュリー)」は、真っ赤なシートが特徴の特別仕様車だ。インパネはブラックとホワイトで構成され、差し色の赤を入れることでポップなアート感を表現したという。女性のカラーデザイナーを起用したことは、女性ユーザーを重視していることの表れだ。

ミッド・センチュリーはデミオの販売台数のうち約10%を占めているというから、評判は上々のようだ。これからも、半年に一度の予定で特別仕様車をリリースしていくという。SKYACTIVの技術は評価されているが、エンジンの圧縮比の話が直接売り上げに貢献するとは考えにくい。定期的にデザインをリフレッシュするのは、新鮮さを維持するための方法として理にかなっている。

デザインとは別のアプローチを取るコンパクトカーもある。「日産ノートNISMO」は、モータースポーツ部門のNISMOが手を加えたスポーツモデルだ。パワートレイン、車体、タイヤ、サスペンション、空力などをチューニングし、高度なベストバランスを追求している。5段MTを採用する「ノートNISMO S」には、最高出力140ps(103kW)/6400rpm、最大トルク16.6kgm(163Nm)/4800rpmを発生する専用チューンの「HR16DE」型エンジンが与えられる。

内外装も、ノーマルとは違う。専用のエンブレムやフロントグリル、サイドシルプロテクター、ルーフスポイラーなどが与えられる。スポーティーな走りに見合ったデザインを提供しているわけだ。

こうして見ると、コンパクトカーにもキャラの立ったモデルがしっかり用意されていることがわかる。サイズやスペックに厳しい制限のある軽自動車に比べ、自由度の高いコンパクトカーは、さまざまな技を使う余地が残されているのが有利な点だ。ベストセラーカーであればあるほど、ありきたりのモデルに乗りたくないという気持ちが強くなるだろう。メーカーもその心理がわかっているからこそ、次々と魅力的なモデルを繰り出してくるのだ。

軽自動車とコンパクトカーのつばぜり合いは今後も続くに違いない。基本設計の優劣が大事なのはもちろんだが、デザインやコンセプトを磨き上げることが魅力を左右するのも事実である。デザイナーやエンジニアには酷な話ではあるけれど、固定観念にとらわれない斬新なモデルが現れることをユーザーは待ち望んでいる。

(文=webCG/写真=荒川正幸、郡大二郎、田村 弥、峰 昌宏、webCG)

「マツダ・デミオ ミッド・センチュリー」。写真のボディーカラーは、特別色の「スノーフレイクホワイトパールマイカ」。
「マツダ・デミオ ミッド・センチュリー」。写真のボディーカラーは、特別色の「スノーフレイクホワイトパールマイカ」。
    拡大
「デミオ ミッド・センチュリー」最大の見どころはインテリア。赤、白、黒を配したビビッドなインストゥルメントパネルやエンボス加工を施した真っ赤なシートが与えられている。
「デミオ ミッド・センチュリー」最大の見どころはインテリア。赤、白、黒を配したビビッドなインストゥルメントパネルやエンボス加工を施した真っ赤なシートが与えられている。
    拡大
本格スポーツモデル「日産ノートNISMO S」。パワートレイン、車体、タイヤ、サスペンション、空力などがトータルでチューニングされたコンプリートカーだ。
本格スポーツモデル「日産ノートNISMO S」。パワートレイン、車体、タイヤ、サスペンション、空力などがトータルでチューニングされたコンプリートカーだ。 拡大
「ノートNISMO S」インテリア。レカロ製のスポーツシート(写真)もオプションで用意される。
「ノートNISMO S」インテリア。レカロ製のスポーツシート(写真)もオプションで用意される。
    拡大
「トヨタ・アクアX-URBAN」
「トヨタ・アクアX-URBAN」
    拡大
注目の記事PR
  • 「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは?
    「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは? 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ ハスラー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。