プジョーRCZ Rに30台限定の最終モデルが登場

2015.09.15 自動車ニュース
「プジョーRCZ Rファイナルバージョン」
「プジョーRCZ Rファイナルバージョン」
    拡大

「プジョーRCZ R」に30台限定の最終モデルが登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年9月15日、2ドアクーペ「RCZ R」の特別仕様車「RCZ Rファイナルバージョン」を発売した。

■カーボンルーフを追加装備

「RCZ R」は、プジョーのモータースポーツ部門であるプジョースポールが開発を手がけた「RCZ」の高性能モデルであり、1.6リッター直4ターボエンジンから270psの最高出力を発生。トランスミッションは6段MTで、専用チューニングのサスペンションやブレーキ、LSDなどが採用されている。日本では2014年4月に150台限定で発売された。

今回の特別仕様車は、RCZ Rの生産終了に合わせて設定された最終モデルであり、ベース車の装備に加えてカーボンルーフを追加で採用。30台の限定販売となる。

ボディーカラーは「モロカン・レッド(メタリック)」「オパール・ホワイト(ソリッド)」の2色。価格は550万8000円。

なお、仏プジョーでは、RCZ についても2015年内の生産終了を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
RCZ, プジョー, 自動車ニュース

プジョー RCZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.7.16 試乗記 デビューから3年を経て、マイナーチェンジが施された「プジョーRCZ」。新たな顔を得た“個性派クーペ”の実力を、あらためてチェックした。
  • プジョー・クーペ407(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2006.9.7 試乗記 ……549.0万円
    総合評価……★★★★★

    あえて「クーペ」という名称を前にもってきた「プジョー・クーペ407」。実用性重視のセダンとは違うものを求められるクーペだが、この407はビジュアルの美しさだけでなく、走りも満たされるクルマなのだろうか?


  • プジョーRCZ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.28 試乗記 プジョーRCZ(FF/6AT)
    ……399万円

    プジョーの超個性派クーペ「RCZ」は、乗ってみても印象的? 右ハンドルのオートマモデルで、走りと乗り心地を試した。
  • プジョー・クーペ407(FF/6AT)【試乗記】 2006.7.11 試乗記 プジョー・クーペ407(FF/6AT)
    ……549.0万円

    ピニンファリーナの流麗なデザインで名を馳せた「406クーペ」の後継「クーペ407」。セダンとディメンションを変更して外観はより優美に、インテリアも豪奢に設えた新型は、数字以上に先代を超えたという。


ホームへ戻る