ミツオカ・リューギに限定モデルのヤマト登場

2015.10.23 自動車ニュース
「ミツオカ・リューギ ヤマト」
「ミツオカ・リューギ ヤマト」 拡大

「ミツオカ・リューギ」に限定モデル「ヤマト」登場

光岡自動車は2015年10月22日、中型セダン「ミツオカ・リューギ」に特別仕様車「yamato(ヤマト)」を設定し、同年10月23日に発売すると発表した。

今回のリューギ ヤマトは、専用の内外装デザインを特徴としており、販売台数は15台限定となっている。

「漆塗りからインスパイアされた」というインテリアについては、インストゥルメントパネル類を黒で統一するとともに、専用の本革シートやレザーフロントドアアームレストには「yamato red」と呼ばれる朱色に近い赤を用いている。

一方エクステリアでは、ガンメタリックの17インチアルミホイールや、ドアプロテクションモール、メッキミラーカバーなどを採用。フロントグリルやトランクは、墨色の七宝焼きの専用エンブレムでドレスアップしている。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・サイドプロテクションモール
・サイドマッドガード
・メッキドアミラーカバー
・専用17インチアルミホイール
・専用七宝焼きエンブレム(フロント、リア)
・専用ロゴステッカー
・専用ピンストライプ
・専用本革シート(yamato red)
・専用レザーフロントドアアームレスト(yamato red)
・専用インテリアパネルセット(yamato black)

ボディーカラーは「yamato black」「yamato white」の2種類。価格は以下の通り。
・15XD:341万2800円
・15XD 4WD:352万6200円
・ハイブリッド:382万3200円

(webCG)
 

関連キーワード:
リューギ, ミツオカ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカが「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定 2020.10.1 自動車ニュース 光岡自動車がコンパクトセダン/ワゴン「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定。セダンが16万5000円、ワゴンが27万5000円の値上げとなっており、2019年11月に登場した特別仕様車「リューギEX/リューギワゴンEX」の価格も、同様に変更している。
  • MINI史上最速の「ジョンクーパーワークスGP」にインスパイアされた特別仕様車が登場 2021.1.22 自動車ニュース BMWジャパンは2021年1月22日、「MINI」に特別仕様車「John Cooper Works GP Inspired Edition(ジョンクーパーワークスGPインスパイアードエディション)」を設定し、販売を開始した。同年2月末までの限定生産モデルとなる。
  • スズキのインド子会社が「ジムニー」の生産をスタート 2021.1.20 自動車ニュース スズキは2021年1月20日、インド子会社であるマルチ・スズキ・インディアが「ジムニー(日本名:ジムニーシエラ)」の生産・輸出を開始したと発表した。主に中南米と中東、アフリカ等を仕向け地とした輸出専用モデルとなっている。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • 「MINI」に「パディ・ホプカーク エディション」登場 往年のラリーカーをイメージした限定モデル 2021.1.15 自動車ニュース 「MINI」の「3ドア」と「5ドア」に、特別仕様車「パディ・ホプカーク エディション」が登場。上級グレード「クーパーS」をベースに、1964年のモンテカルロ・ラリー優勝車をイメージしたデザインを施したモデルで、両モデル合わせて200台が販売される。
ホームへ戻る