第10回:「フィエスタ日常劇場」にする?
日常劇場番外編~フィエスタに一週間乗ってみて

2016.02.03 フォード・フォーカス日常劇場<PR>

ちょい乗りのつもりが、結局「フィエスタ」と一週間も過ごしてしまった。小さなボディーがもたらす小気味いい走りに、すっかり夢中になってしまったからである。

たかがされどの9cm

「フォーカス」でも十分に楽だと思っていたが、より小さなフィエスタは、都内でもっと楽だった。ボディーの長さの差もさることながら、街中でとりわけ効いてくるのが幅。2台の全幅の差は9cmだが、これはドライバーにとってはなかなか手ごわい違いである。

フォーカスだと慎重に慎重を重ねる路地裏も、フィエスタだとすいすい行ける。見た目がよく似ているフォーカスとフィエスタだが、どちらが主役になるかによって、「日常劇場」のストーリーは少なからず変わりそうである。

いつになく筆者の足どりが軽くなった一週間だった。

(webCG 竹下)

第9回:付いててよかった! フォーカスの“ぶつからない装備”
第11回:フォーカスで谷保天満宮にお参り フォードと日本の自動車史に思いをはせる

実用性の高さから「フィエスタ」は取材の助っ人としても活躍。この時の試乗車は「トヨタ・プリウス」。
実用性の高さから「フィエスタ」は取材の助っ人としても活躍。この時の試乗車は「トヨタ・プリウス」。 拡大
今回の「フィエスタ」は「スポーツアピアランス」という名の特別仕様車(90台限定)で、フロントグリルがハニカムデザインの専用品になっているのがポイント。
今回の「フィエスタ」は「スポーツアピアランス」という名の特別仕様車(90台限定)で、フロントグリルがハニカムデザインの専用品になっているのがポイント。 拡大
フォード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • フルモデルチェンジした「プジョー208」 新型のここに注目せよ! 2020.7.10 デイリーコラム プジョーのコンパクトカー「208」がフルモデルチェンジ。日本国内でのデビューを果たした。ガソリン車に加えてEVバージョンも選べる最新型は、どのような進化を遂げたのか? そのポイントを識者が解説する。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る