日産ティアナにカーナビ標準装備の新グレード

2016.04.04 自動車ニュース

「日産ティアナ」にカーナビ標準装備の新グレードが登場

日産自動車は2016年4月4日、4ドアセダン「ティアナ」に新グレード「XVナビAVMパッケージ」「XLナビAVMパッケージ」を追加し、販売を開始した。

今回追加された2つの新グレードは、「XV」「XL」をベースに、「アラウンドビューモニター(MOD<移動物検知>機能付き)」やクルーズコントロール、「LDW(車線逸脱警報)」「BSW(後側方車両検知警報)」などの機能を備えたメーカーオプションナビを、標準装備としたものである。

これにともない、純正カーナビ非装着の上級グレード「XV」は廃止され、ティアナのラインナップは「XE」、XL、XLナビAVMパッケージ、XVナビAVMパッケージの4グレードとなった。

価格は以下の通り。
・XE:256万3920円
・XL:289万6560円
・XLナビAVMパッケージ:321万3000円
・XVナビAVMパッケージ:351万3240円

(webCG)

「日産ティアナXVナビAVMパッケージ」
「日産ティアナXVナビAVMパッケージ」 拡大

関連キーワード:
ティアナ, 日産, 自動車ニュース

日産 ティアナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.25 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    長年受け継いできた「ブルーバード」の名を捨て、新たな出発を切った新型「シルフィ」。「60代の男性」をターゲットに掲げ、オーソドックスなセダンの本懐を磨いたというその仕上がりを試した。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
ホームへ戻る