鉄製ならではの荒技も

個人的かつ後ろ向きなポイントばかり列挙してしまったが、実はカランダッシュには最強のチャームポイントがある。スチール製であることだ。ボディーが強固なことによるすぐれた保持力は、何ものにも代えがたい。

実は、その“しっかり感”には、出張先でかなり助けられている。ヨーロッパの食品のパッケージは、開け口があったところで加工精度が低く、日本のようにペロリと開かないことが多い。ハム、カットフルーツなどなど……特にイタリアの容器は、6割がた、一発では開けられない。
そうしたとき、このカランダッシュのスチールボディーを容器にブスッと突き刺して突破口を作るのである。もちろん芯は痛めないように引っ込めておく。

また、ボクは旅先でもビタミンC補給のため柑橘(かんきつ)類をできるだけとるようにしている。その際も、カランダッシュが役に立つ。皮が固いオレンジなどに突き刺し、手でむくきっかけを作るのだ。
もはや、スイスのアーミーナイフならぬ「アーミーボールペン」である。

ただし、こうした使い方は明らかにメーカー保証範囲外(参考までに、スイス国内においてカランダッシュは、正しい使い方をしていた場合に限って永久保証をうたっている)になるので、マネはおすすめしない。

それに、そういう使い方をしていたおかげで、ボクは恥ずかしい思いをしたことがある。
ショー会場で重要な人物にインタビューした際、カランダッシュを使おうと思ったら、芯の出が悪い。カチャ、カチャ。刑事物の撃ち合いで、悪役の持つピストルの銃弾が突然切れて「ち、ちくしょーッ!」と捨てる、あのシーンが脳裏をよぎった。
それでも必死でノックすると、その朝むいて食べた、オレンジの皮のカスがポロっと排出された。相手が見ていなかったことを願うのみだった。

こんな調子のボクだから「筆記具好き」ではあるものの、愛好家を名乗るのは少々気が引けるのだ。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

こちらは同じカランダッシュの「エクリドール」。以前はややクラシックな彫り模様が一般的だったが、この「ゴルフ」が登場したので即手に入れた。
こちらは同じカランダッシュの「エクリドール」。以前はややクラシックな彫り模様が一般的だったが、この「ゴルフ」が登場したので即手に入れた。 拡大
フィレンツェ空港にて。カットフルーツのビニールぶたに、愛用のカランダッシュを「ズブッ」。
フィレンツェ空港にて。カットフルーツのビニールぶたに、愛用のカランダッシュを「ズブッ」。 拡大
オレンジの皮むきのきっかけに、グサッ。
オレンジの皮むきのきっかけに、グサッ。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。20年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事