「トヨタ・アクア」に装備充実の特別仕様車

2016.05.12 自動車ニュース
「トヨタ・アクアS“スタイルブラック”」。ボディーカラーは「ダークブルーマイカ」。
「トヨタ・アクアS“スタイルブラック”」。ボディーカラーは「ダークブルーマイカ」。 拡大

トヨタ自動車は2016年5月12日、「アクア」の特別仕様車「S“スタイルブラック”」を設定し発売した。

アウタードアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ装飾が施された。
アウタードアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ装飾が施された。 拡大
「アクアS“スタイルブラック”」オプション装着車。ボディーカラーは「ライムホワイトパールクリスタルシャイン」。
「アクアS“スタイルブラック”」オプション装着車。ボディーカラーは「ライムホワイトパールクリスタルシャイン」。 拡大
インパネ助手席オーナメントは合皮張りとなる。
インパネ助手席オーナメントは合皮張りとなる。 拡大
運転席アームレストが装着される。
運転席アームレストが装着される。 拡大

■国内販売累計100万台達成を記念

今回の特別仕様車は、アクアの国内販売累計100万台達成を記念したもの。中間グレードの「S」がベースで、ボディーカラーに特別設定色「ダークブルーマイカ」を含む全5色を設定し、ドアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ装飾を施した。

内装では運転席アームレストを追加し、インパネ助手席オーナメントを合皮張り(合皮巻き)としたほか、パワーウィンドウスイッチベースにピアノブラック装飾を施して、特別設定のブラックの内装色とコーディネートすることにより、上品さを表現したという。

さらに、スマートキーや盗難防止システムなどがセットになった「スマートエントリーパッケージ」と、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を装備している。

車両価格は199万6037円。

(webCG)

関連キーワード:
アクア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アクア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・アクア」に上質なインテリアの「クロスオーバー“グラム”」が登場 2018.9.4 自動車ニュース 「トヨタ・アクア」に特別仕様車「クロスオーバー“グラム”」登場。ブラウンとブラックの専用インテリアが特徴で、ボディーカラーには特別設定色の「オリーブマイカメタリック」を含む5色を設定。スマートキーを標準で採用するなど、装備も充実している。
  • 「トヨタ・アクア」にスタイリッシュな特別仕様車 2017.11.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月14日、ハイブリッド車「アクア」に特別仕様車「S“スタイルブラック”」を設定し、販売を開始した。「S」グレードをベースに、特別な内外装を装備したほか、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense C」を標準装備として安全性の向上を図っている。
  • 新型「スズキ・カタナ」が国内で正式にデビュー 2019.5.24 自動車ニュース スズキは2019年5月24日、大型二輪モデルの新型「KATANA(カタナ)」を同年5月30日に日本で発売すると発表した。往年の「GSX1100S KATANA」をモチーフとしたデザインや、こだわりのメカニズムがセリングポイントとなっている。
  • マツダ3(日本名:アクセラ) 2018.11.28 画像・写真 マツダが新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」や圧縮着火型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」といった新機軸を搭載した新型の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る