ある意味でリアクションキング
カンナム・スパイダーF3リミテッド……291万8160円

前編最後に紹介するのは、試乗会でも異彩を放っていた前2輪後1輪のスリーホイラー、「カンナム・スパイダーF3リミテッド」。ごわごわゴツいデザインとマットブラック仕上げのいでたちには、バットマンのコスチュームで乗りたいと思った。

まるでスノーモービルみたいですねと担当の方に話したら、「そりゃそうです。BRPはスノーモービルメーカーですから」とお答えになられた。
説明します。カナダのボンバルディアさんが1942年に世界初のスノーモービルを発明。そして設立されたBRP(ボンバルディア・レクリエーショナル・プロダクツ)は、スノーモービルや水上バイクの開発に従事。そのラインナップの中に、陸を走る「カンナム」シリーズがあるそうな。

特記事項をもうひとつ。BRP社製品で使用されているエンジンは、二輪や四輪、はては航空機用のそれまで製造していたオーストリア生まれのロータックス製であること。10年程前にロータックス社がBRPの傘下に入り、今日に至っているという。ロータックスって、BMWやビューエルのエンジンもつくっていたんだよなあ。

世の中知らないことだらけ。もちろんカンナムも初体験。パドルシフト付き6段セミAT。リバースもあり。通常のオートバイと同じスロットルグリップだが、ブレーキレバーはなし。ブレーキはフットペダル式でABS付き。なにより運転感覚の不思議さ。二輪のように傾ける行為は一切不要で、曲がるときはハンドルバーをエイヤと押したり引いたり。オートバイと同等のオープンエア式快適さに包まれながら、その点だけは何とも新鮮というか奇妙だった。

それにしても存在感あるなあ。これで誰かとの待ち合わせに乗りつけたらどんなリアクションをするだろう。それ、すっごく見てみたい。

(文=田村十七男/写真=三浦孝明)
 

カンナム・スパイダーF3リミテッド
カンナム・スパイダーF3リミテッド 拡大
 
第1回:50ccのスクーターから巨大なトライクまでイッキ乗り!輸入バイク チョイ乗りリポート(前編)の画像 拡大
 
第1回:50ccのスクーターから巨大なトライクまでイッキ乗り!輸入バイク チョイ乗りリポート(前編)の画像 拡大

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2596×1497×1241mm
ホイールベース:1709mm
重量:386kg(乾燥重量)
エンジン:1330cc水冷4ストローク 直列3気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:117ps(86kW)/7250rpm
最大トルク:13.3kgm(130Nm)/5000rpm


	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2596×1497×1241mm
	ホイールベース:1709mm
	重量:386kg(乾燥重量)
	エンジン:1330cc水冷4ストローク 直列3気筒 DOHC 4バルブ
	最高出力:117ps(86kW)/7250rpm
	最大トルク:13.3kgm(130Nm)/5000rpm
	拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事