「メルセデス・ベンツGクラス」のAMGモデルに特別な内外装の限定車

2016.06.17 自動車ニュース
「メルセデスAMG G65エディション463」
「メルセデスAMG G65エディション463」 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年6月17日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63エディション463」と「G65エディション463」の注文受け付けを開始した。

「G65エディション463」の内装。色は「designoブラック/ブラック」。
「G65エディション463」の内装。色は「designoブラック/ブラック」。 拡大
「G63エディション463」。外装色は「designoミスティックホワイトII」。
「G63エディション463」。外装色は「designoミスティックホワイトII」。 拡大
「G63エディション463」の内装。色は「ポーセレン/ブラック」。
「G63エディション463」の内装。色は「ポーセレン/ブラック」。 拡大
「G63エディション463」。外装色は「オブシディアンブラック」。
「G63エディション463」。外装色は「オブシディアンブラック」。 拡大
「G63エディション463」の内装。色は「designoライトブラウン/ブラック」。
「G63エディション463」の内装。色は「designoライトブラウン/ブラック」。 拡大
「G63エディション463」(左)と「G65エディション463」(右)。
「G63エディション463」(左)と「G65エディション463」(右)。 拡大

「G63」が93台、「G65」が3台の限定販売

今回のG63エディション463、G65エディション463は、GクラスのAMGモデル2車種をベースに、オフロード車ならではの走破性の高さとスポーティーなイメージを強調する装備を内外装に取り入れた特別仕様車である。車名の「463」とはGクラスの開発コードに由来する。

具体的な特別装備は以下の通り。

【G63エディション463】
・ブラックペイント21インチAMG5ツインスポークアルミホイール
・ステンレスアンダーカバー
・ダークアルミニウム調ストリップライン
・AMGスポーツストライプ
・カーボン調レザーシート
・ツートンダッシュボード
・AMGカーボンファイバーインテリアトリム
・designoエクスクルーシブインテリアパッケージ(ダイヤモンドステッチバイカラーインテリア<シート、ドア内張り>+designoエクスクルーシブレザーシート<前席・後席シートヒーター付き>+AMGスポーツシート<前席>)

【G65エディション463】
・セラミックポリッシュ21インチAMG5ツインスポークアルミホイール
・ステンレスアンダーカバー
・ダークアルミニウム調ストリップライン
・AMGスポーツストライプ
・カーボン調レザーシート
・AMGカーボンファイバーインテリアトリム

ボディーカラーは、G63が「designoミスティックホワイトII」と「オブシディアンブラック(メタリックペイント)」の2色で、前者には「designoポーセレン/ブラック」の、後者には「designoライトブラウン/ブラック」のツートンカラーのインテリアが組み合わされる。

一方、G65のボディーカラーは「designoグラファイト(メタリックペイント)」のみ。インテリアは「designoブラック/ブラック」のモノトーンとなる。

販売台数は、G63が93台、G65が3台の限定。G63については、designoミスティックホワイトIIが52台、オブシディアンブラックが41台という内訳になっている。

価格は以下の通り。
・メルセデスAMG G63エディション463:2160万円
・メルセデスAMG G65エディション463:3672万円

(webCG)
 

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • 新型「メルセデス・ベンツGクラス」の内装デザインが明らかに 2017.12.14 自動車ニュース 独ダイムラーは2017年12月13日(現地時間)、次期「メルセデス・ベンツGクラス」について、インテリアの情報を開示するとともにイメージを公開した。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
ホームへ戻る