メルセデス、「GLC」に367psの高性能モデルを設定

2016.09.09 自動車ニュース
「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」
「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年9月9日、ハイパフォーマンスSUV「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」を発売した。

メルセデスAMG GLC43 4MATICは、メルセデスAMGが独自のチューニングを施した「GLC」のハイパフォーマンスモデルである。

エンジンは3リッターV6直噴ツインターボで、最高出力367ps(270kW)、最大トルク53.0kgm(520Nm)を発生。クランクケースとシリンダーヘッドをアルミニウム製とするなど、軽量化にも配慮がなされている。また、排気システムには軽量かつ低背圧タイプの「AMGスポーツエグゾーストシステム」を採用しており、モータースポーツを想起させるエモーショナルなサウンドを楽しめるという。

駆動システムはフルタイム4WDの「AMG 4MATIC」で、先述のエンジンとも相まって0-100km/h加速は4.9秒(欧州仕様値)という動力性能を実現。駆動力の変動によるステア特性の変化を抑えるとともに、前:後=31:69というリア寄りの駆動力配分により、強力なトラクションと安定感あるハンドリングをかなえているという。

このほかにも、高いアジリティー性能と快適性を両立するという「AMGスポーツサスペンション」や、フロントに360mmのドリルドベンチレーテッドディスクを、リアに320mmのベンチレーテッドディスクを用いた「AMG強化ブレーキシステム」を採用。状況に応じてエンジンや電子制御サスペンション、ステアリング、トランスミッションなどの制御を選択できる「AMGダイナミックセレクト」も搭載している。

デザインによる差別化もなされており、サイドミラーやフロントおよびサイドスカートなどに艶のあるブラックのアクセントを配した「ナイトパッケージ」や、ツインカラーの21インチAMG 5ツインスポークアルミホイールなどが採用されている。

価格は863万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
GLC, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ【海外試乗記】 2019.7.3 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、メルセデスの中核SUV「GLC/GLCクーペ」にマイナーチェンジが施された。しかし“単なるマイチェン”と思うなかれ。ドイツ国内でステアリングを握った筆者は、その変わりっぷりに驚かされたのだった。
  • メルセデス・ベンツGLE450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.22 試乗記 「プレミアムSUVのパイオニア」とうたわれる「メルセデス・ベンツGLE」がフルモデルチェンジ。車重およそ2.4t、車幅は2mオーバーという3列シートの大型SUVは、日本の道でどんな振る舞いを見せるのか。
  • トレッド幅拡大で走行性能もアップ 新型「CLA/CLAシューティングブレーク」登場 2019.8.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年8月27日、新型「メルセデス・ベンツCLA」および「CLAシューティングブレーク」を導入すると発表。同日、予約注文受け付けを開始した。
  • メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク 2019.8.27 画像・写真 FFのプラットフォームを用いた4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLA」と、ワゴンボディーの「CLAシューティングブレーク」が2代目にフルモデルチェンジ。ボディーサイズの拡大により、より流麗なスタイリングとなった新型の姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
ホームへ戻る