冬用タイヤ規制にも対応

そしていよいよオールシーズンタイヤでコースイン。見た目は普通のタイヤだけに、最初は半信半疑だったが、走りだすとわりと普通に運転できる。サマータイヤでは到底無理という雪道だが、動き出しからしっかりと路面を捉えてくれるし、カーブでも案外ちゃんと曲がってくれるのだ。スピードの出し過ぎにさえ気をつければ、雪道でも十分いけそうである。

もちろん、直接比べてしまうと、直進安定性やコーナーでの踏ん張りなどはスタッドレスタイヤのほうが一枚上手で、楽に雪道をドライブできるが、東京で年に数回の雪に備えるというならこれで十分だし、コストや手間を考えるとむしろオールシーズンタイヤを選ぶメリットはある。4WD車であれば、雪道の挙動はさらに安定しており、また、雪だけでなく泥(マッド)にも強いことを考えると、サマータイヤよりもむしろオールシーズンのほうが好ましいくらいだ。

ちなみに、ベクター4シーズンズ ハイブリッドでは、ヨーロッパでウインタータイヤであることを示す“スノーフレークマーク”が記されるのに加えて、日本のウインタータイヤを表す“SNOW”の文字が追加されるため、高速道路等で冬用タイヤ規制が敷かれる場合でも胸を張って走行することができる。

ライフスタイルによっては、オールシーズンタイヤで十分という場合もあるので、これから冬に備えようと考えている人は、スタッドレスタイヤに加えて、オールシーズンタイヤも購入候補に加えておくことをお勧めする。

(文=生方 聡/写真=荒川正幸)
 

 

パイロンスラロームをクリアする、「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を装着した「トヨタ・プリウス」。
パイロンスラロームをクリアする、「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を装着した「トヨタ・プリウス」。 拡大
「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」には、日本においてウインタータイヤを表す“SNOW”マークが施されており、冬用タイヤ規制が敷かれている道でも走行が可能となっている。
「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」には、日本においてウインタータイヤを表す“SNOW”マークが施されており、冬用タイヤ規制が敷かれている道でも走行が可能となっている。 拡大
テストコースに立てられたグッドイヤーののぼり。同社は1977年に初のオールシーズンタイヤ「ティエンポ」を発売。40年にわたりオールシーズンタイヤの開発に取り組んできた。
テストコースに立てられたグッドイヤーののぼり。同社は1977年に初のオールシーズンタイヤ「ティエンポ」を発売。40年にわたりオールシーズンタイヤの開発に取り組んできた。 拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事