サマーとウインターのいいとこ取り

FSWのショートサーキットには、グッドイヤーのサマータイヤ「エフィシエントグリップ エコ」、スタッドレスタイヤ「アイスナビ6」、そして、ベクター4シーズンズ ハイブリッドが装着された「トヨタ・プリウス」(FF)が用意されていた。これで、ドライ、ウエット、そして、スノーの性能を比較するというのだ。

コースはストレートにパイロンが、最終コーナーには水がまかれ、ここでドライとウエットの性能をチェック。注目の雪上試乗は、コースのインフィールドにクラッシュアイスを敷き詰めた“圧雪路”が用意されていた。この日は10月という割に気温が高めで、そのコンディションを維持するのが大変そうだ。

まずは基準となるサマータイヤでコースを一巡し、ドライとウエットの感触を確かめる。圧雪路ではそれなりにブレーキは利くが、発進は不安定。ホンモノの雪なら、もっと止まらないし、発進もさらに苦労するはずだ。

スタッドレスタイヤを履くプリウスに乗り換えると、雪上での停止と発進が格段に安定する。一方、スラロームではステアリング操作に対してやや遅れて反応。さらにウエットのコーナリングでは大回りし、スタッドレスタイヤの弱点が露呈する結果となった。

その点、オールシーズンタイヤのベクター4シーズンズ ハイブリッドは、スラロームやウエットのコーナリングはサマータイヤとほぼ同じ感覚でドライブできる。雪上でもスタッドレスタイヤほどではないが、十分な安定性を確保していた。

比較試乗では、スタッドレスタイヤがサマータイヤ代わりにならないことをあらためて知るとともに、オールシーズンタイヤのメリットを確信する結果になった。そして、時期が時期だけに、この性能なら愛車に履かせてみたいなぁと思う今日この頃である。

ピットレーンにズラリと並んだ試乗車。今回のイベントでは、サマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤの比較試乗が行われた。
ピットレーンにズラリと並んだ試乗車。今回のイベントでは、サマータイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤの比較試乗が行われた。 拡大
先導車の後方でコースインを待つ試乗車の「トヨタ・プリウス」。今回の試乗会は富士スピードウェイのショートサーキットで行われた。
先導車の後方でコースインを待つ試乗車の「トヨタ・プリウス」。今回の試乗会は富士スピードウェイのショートサーキットで行われた。 拡大
最終コーナーにはご覧の通り水がまかれており、ウエット路面でのグリップ性能が試せるようになっていた。
最終コーナーにはご覧の通り水がまかれており、ウエット路面でのグリップ性能が試せるようになっていた。 拡大
人工の圧雪路で雪上性能を試す。サマータイヤではやはり不安定だったが、実際の雪上ではもっと止まらないだろうし、発進も難しいはずだ。
人工の圧雪路で雪上性能を試す。サマータイヤではやはり不安定だったが、実際の雪上ではもっと止まらないだろうし、発進も難しいはずだ。 拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事