日本車に対するイメージとは?

清:そもそもイタリアでは、一定以上の高級車をドレスアップする人がほとんどいませんよね? 見たことないです。

大:特にスーパースポーツカーは、それ自体を作品として捉えられますから、手を加えることはないですね。極端にオリジナル重視で。

清:日本でああいう極端な改造文化が花開いているのは、日本のオリジナルとして誇りたい気分です! 私の趣味じゃないですけど(笑)。ところでイタリアでは、日本車のイメージってどんな感じですか?

大:世代によってかなり違いますね。高齢者はいまだに日本をコピー大国だと思ってたり。でも若い層は日本のアニメを見て育ってますし、日本車にはいいイメージを持ってますよ。実はそれをやったのはベルルスコーニなんです。

清:そうなんですか?

大:ベルルスコーニがイタリア初の全国放送の民間テレビ局を作って、そこで日本のアニメを流したんですよ。80年代からですね。

清:日本ではスケベジジイとして有名なベルルスコーニ元首相が、実は日本の恩人! 知らなった!

大:イタリアで一番売れてる日本車は「トヨタ・ヤリス」、つまり「ヴィッツ」です。フランスで現地生産されてるんですけど、ヤリスオーナーにそれを言うと嫌な顔するんですよ。日本車は日本製が一番という高品質信仰というか、思い込みがあって。

清:それもまたうれしいですね!

イタリアで一番売れているクルマ、「フィアット・パンダ」。(2016年9月 UNRAE調べ)
イタリアで一番売れているクルマ、「フィアット・パンダ」。(2016年9月 UNRAE調べ)拡大
イタリアで2番目に売れている「ランチア・イプシロン」。(2016年9月 UNRAE調べ)
イタリアで2番目に売れている「ランチア・イプシロン」。(2016年9月 UNRAE調べ)拡大
イタリアで3番目に売れている「フィアット500L」(2016年9月 UNRAE調べ)。
イタリアで3番目に売れている「フィアット500L」(2016年9月 UNRAE調べ)。拡大
イタリアで一番売れている日本車、「トヨタ・ヤリス」。
イタリアで一番売れている日本車、「トヨタ・ヤリス」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事