次戦は2017年5月バミューダで

アメリカズカップは長い戦いです。昨年夏から今回の福岡戦まで、6チーム(オラクル・チームUSA、ランドローバーBAR、グルパマ・チームフランス、ソフトバンク・チームジャパン、アルテミス・レーシング<スウェーデン>、エミレーツ・チームニュージーランド)が、1年半をかけてアメリカズカップ・ワールドシリーズを行ってきました。この6チームは次にクオリファイアーズ(17年5月26日~6月5日。バミューダ諸島)へ進みます。ここからはマッチレースの総当たり戦です。ワールドシリーズの優勝のランドローバーBARは2ポイント、準優勝のオラクル・チームUSAは1ポイント与えられた状態で戦うことができます。

面白いのは、オラクル・チームUSAは前回優勝した防衛艇です。つまり残り5チームはこのオラクル・チームUSAに挑む権利をかけて戦っているわけです。ただし、レースに出続けているほうが調子を維持しやすいということで、オラクル・チームUSAも序盤のレースから出てよいのです。だってルールを自分たちで決められるから。

そして次に行われるのがルイヴィトン・アメリカズカップ・チャレンジャー・プレーオフ(17年6月7日~12日。バミューダ諸島)。オラクル・チームUSAを除く上位4チームによるマッチレース。ここを勝ち抜いた1チームが、挑戦艇として、いよいよアメリカズカップ(17年6月17日~27日。バミューダ諸島)で防衛艇のオラクル・チームUSAと戦うわけです。せっかくアメリカズカップの世界に触れる機会を得たのですから、興味をもって追いかけてみたいと思っています。

ところで、ジャガー・ランドローバーはここのところ日本にとって縁起がよいのです。ランドローバーは2015年のラグビーワールドカップのワールドワイドパートナーでしたが、同大会で日本代表は南アフリカに勝利し、スポーツ史上最大の番狂わせといわれる活躍を見せました。それからテニスの錦織 圭選手はジャガーのアンバサダーを務めていますが、就任早々に全米オープンテニスで決勝進出しましたし、それ以降もここ数年の快進撃は説明不要です。そして、日本で開催されたアメリカズカップ・ワールドシリーズでは、ランドローバーBARチームが優勝しました。ブレイクしたいアスリートはジャガー・ランドローバーの門をたたくべきではないでしょうか。

(文=塩見 智/写真=ジャガー・ランドローバー・ジャパン/編集=竹下元太郎)

アメリカズカップ・ワールドシリーズを戦ってきた6チームは、今後、2017年5月に“クオリファイアーズ”と呼ばれる総当たり戦に進む。
アメリカズカップ・ワールドシリーズを戦ってきた6チームは、今後、2017年5月に“クオリファイアーズ”と呼ばれる総当たり戦に進む。拡大
福岡大会の勝利をたたえ合うランドローバーBARチームのクルーたち。
福岡大会の勝利をたたえ合うランドローバーBARチームのクルーたち。拡大
ワールドシリーズに優勝したランドローバーBARは2ポイントを得て、“クオリファイアーズ”に進む。
ワールドシリーズに優勝したランドローバーBARは2ポイントを得て、“クオリファイアーズ”に進む。拡大
勢いに乗るジャガー・ランドローバー。ブレイクしたいアスリートはここの門をたたくべき!?
勢いに乗るジャガー・ランドローバー。ブレイクしたいアスリートはここの門をたたくべき!?拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事