4WDに改造された秘密兵器?

モロッコで行われた試乗会に参加した時、サンドバギーで砂漠を走ったことがある。砂に強い設計の乗り物だが、慣れないうちはたびたびスタックして助けを呼ぶハメになった。観光客向けの砂漠ツアーで使われていたのは、もっぱら「トヨタ・ランドクルーザー」である。砂漠を走ることができるのは、特別に仕立てられたクルマだけだ。

2人は何事もなかったかのように砂漠から戻り、大使暗殺を果たす。007におけるQのように、フランスのレジスタンスには秘密兵器を開発する部門があるのだろう。トラクシオンアヴァンは、おそらく4WDに改造されていたのだ。名前は前輪駆動車だが、中身は全輪駆動車だったと思われる。そして、生還できたのは愛の力のおかげでもある。あまりに真に迫った熱愛を見せたので、2人の浮気を疑ったアンジーがブラピに離婚を申し入れたほどなのだ。

2人は脱出に成功し、ロンドンで結婚する。パーティーの最中にもドイツ軍の空襲に見舞われるが、戦局は好転しつつあった。娘が生まれ、平穏な暮らしはもうすぐ手に入るだろう。危険な現場仕事を離れて内勤に戻ったマックスは、戦争が終わった後の幸せな生活を思い描いていた。妻に重大な疑惑がかけられていることなど、知る由もなかった。

2人がスパイ同士でなければ、降りかかるはずのなかった悲劇である。マックスはこれまでつちかった情報網を駆使して疑惑を晴らそうとする。大使暗殺よりも困難なミッションである。秘密兵器は用意されていない。試されるのは愛の力なのだ。

(鈴木真人)
 

(c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
(c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.拡大
『マリアンヌ』
2017年2月10日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ 他 全国公開
配給:東和ピクチャーズ
『マリアンヌ』
	2017年2月10日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ 他 全国公開
	配給:東和ピクチャーズ拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事